プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンブーブレード 第24話「剣と道」
退部届けを提出した珠姫の下を訪れたキリノは、その真意を尋ねる
皆の役にも立てず、勝たなければいけない時に勝てなかった自分に
剣道を続ける理由は分からない・・・のだと
そう言う珠姫は、剣道部が変われたのは珠姫のお陰とのキリノの言葉をあっさり否定

凛に負けたことが相当なショックとなっている様子
抜け殻のような状態の珠姫を必死で引きとめようとするも、珠姫は部活に「興味は無い」と


部員の動向が気になるキリノだが、自身も決断を迫られる時が近付いている
ミヤミヤに「力になれない」と突き放されたダン君も、いつに無く元気が無い

珠姫の退部届をコジローに相談するキリノだが、「個人の意思だから」と別段気にかけもせず
むしろ外山と岩佐の件で頭を悩ませている様子

そして遂にキリノまでもが学校を休む羽目に
珠姫にミヤミヤ、コジローにキリノとどんどん部の人間が剣道場に顔を出さなくなっていく
そんな中、帰り際に珠姫と会ったユウジはふと
「剣道で強くなりたい、勝ちたいと思ったことはあるか」と問う
その言葉の真意を掴めない珠姫に、ユウジは続けて言う

「負けた時の気持ち」
「それは凛に負けた珠姫が今感じているのと同じもの」
「珠姫は誰よりも強いから、負けた時に感じた気持ちをどうして良いか分からなかっただけ」
その言葉に改めて悔しさを感じ涙する珠姫に、
ユウジはその悔しさをバネに強くなって勝てば、悔しさに勝る喜びがあり
それを知れば剣道が好きになるとアドバイス

これを聞いた珠姫は一念発起し、自転車を飛ばして向かった先は
なぜか石橋(コジローの先輩)のいる学校
「上段との戦い方を教えて欲しい」と自ら指導を頼み入れる

しかし、石橋は珠姫のいる学校にも上段の使い手がいるという・・・
それは誰でもない顧問のコジロー
その昔、上段を用いて石橋を破ったコジローのその力を見込んで頼み入れる珠姫だが
コジローは相変わらず、頭の中は別の件で一杯一杯なのか
自分より強い珠姫に教えることなどない、と

しかし球姫は、今日分かったこの悔しさを忘れたくは無い
今日をきっかけにして、やっと自分の剣道を始められる
負けたことにちゃんと向き合っていきたいのだと、その固い決意を明らかにする

珠姫のその表情と言葉に、コジローは自分の若かりし頃の思い出を振り返りつつ
「向き合わなければ剣道は始まらない」のだとして、珠姫の申し出を受け入れる


一方で部活に顔を出さず、ダン君も連絡が取れない状態のミヤミヤと
街で偶然出会ったサトリが事情を問い詰め、部活に戻ることを提案するも
自分と同じく相手が練習すれば差は縮まらないと悲観的なミヤミヤ
練習すれば必ず追いつくとサトリは言うが、ミヤミヤは
努力しても追い付かなければ無駄、剣道をやる意味も無いと笑い飛ばすが

この言葉にカチンときたサトリは
「努力が無駄と何故言えるのか」
「たった2回負けて諦め不貞腐れ逃げようとするミヤミヤに言われたく無い」
「辞めるなら勝ってから辞めろ」
と、我を忘れてあれよあれよとミヤミヤに説教w
その言葉を聞いて怒りつつもミヤミヤは、再びサトリとの合同特訓を再開する決意をする

また時を同じくして、部活どころか学校を休んだキリノを見舞うサヤが見たものは
珠姫と同じくキリノがしたためた「退部届」

自分が辞めることで責任を取るつもりだと言うキリノの行動をサヤは諌め
自分一人で何もかも背負い込まず、辛く苦しい時は泣けばいい
悩みは一人じゃどうしようも出来ないのだから、相談して一緒に考えようと
サヤなりのキリノを思う気持ちを胸に、キリノは遂に決心がついたという・・・

しかし何と言う百合
ベッドに押し倒す必要性までは無いですなw


そうしてキリノが出した答え
それは・・・

次の日、剣道部の面々を待つユウジとダン君の元に届いた「休部」の知らせ
それを伝えたのは諸悪の根源である外山と岩佐

入部当初の時と同じく、男子部員2人に勝負を申し込む外山に
ダン君が迎え撃ち、見事な「抜き胴」を取ることに成功
後輩に実力で追い越されたことを実感したのか、外山たちは自らの退部届をユウジに託す
これで自分たちは剣道部との関係も消え、休部する必要も無くなるからと
キリノに借りを作りたくない旨を言い残して、道場を後にする

入れ替わるようにミヤミヤも道場へ戻り、そしてユウジはキリノに2人の退部届を渡す
彼らの決意を無駄にしてはならないと、キリノはそれを受け取る

そして残る珠姫とコジローもようやく剣道場へと帰って来た
これで剣道部は元通りの一件落着

戸惑う珠姫をキリノは「お帰り」と温かく迎え入れる


ラストの展開が最終回っぽい流れだから、もしかしてこれで終わりとちゃう?と
一瞬勘違いしちゃうような今回のストーリーだったけど
それでもまだ2話も残ってるんだってよ
残り分もオリジナルで負けた相手にもう一度勝負を挑んで~的な展開になるのかな

テーマ:バンブーブレード - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/97-27b6b4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第24話 「剣と道」

バンブーブレード DVD 三本目 気持ちがバラバラになっていく剣道部、剣道を続ける意味を見失い部活に出なくなってしまった都にダンは自分では力になれないのかと気落ちする、そんな都に街で偶然出合った東は…。一方、休部の危機に選択を迫られた紀梨乃も学校を休み、 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/03/19 20:34】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR