プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミキス pure rouge 第20話「uncontrollable」
摩央の気持ちを察して側に付き添うも、涙の理由を訊ねないサックスに
摩央は一方的に振った立場であるにもかかわらず
今またこうしてサックスに慰められている自分を責める

サックスも摩央の別れ話に傷付いたことは確かだが、
摩央と一緒に居られたことでまた、自分自身を成長させる良いきっかけになったという

「他人に寄りかかっていた自分から脱却し、自分の足で立とうと決めた」
「水澤は自分の気持ちと向き合えばいい」
サックスはそう伝える


映画撮影で見せた摩央の涙に、戸惑う光一と星乃さん
自分が原因で泣かせてしまったのではと思う光一に
星乃さんは摩央と光一が互いに想いを寄せているのではないかと感じるようになる

付き合っている2人の気持ちに、どこか正面から向き合うことのない部分が生じ始める
「見たくなかった」摩央の涙
それは光一だけでなく、星乃さんにとっても同じこと

翌日、何事もなく光一と接する摩央に光一は戸惑うが
平常心で振舞う摩央もまた、撮影で見せた涙は
自分の気持ちが抑えきれなくなったからの物だと本心を伝える

そしてまた一輝も、映画撮影で光一が放った言葉を聞いて
「恋愛に始まり方は関係ない」と、再び二見さんに近付くことを決意する
あの時のラストシーンは、それぞれにとって一つの転機になった
早速さり気なく声をかけるも、二見さんは「終わりと言ったはず」と素っ気無い態度

一方で、日を追うごとに一輝のことが気になっていく明日夏も少しずつ変わり始めていく
一輝が二見さんに再アタックすると心に決めたとはまだ知らずに・・・

めげない一輝は二見さんの下を再び訪れ、
「実験が終わりでも、その先の自分の気持ちに二見さんはまだ答えていない」と

その一輝の精一杯の問いかけにも、
二見さんは自分の言ったことが理解できなかったのかと全く取り繕うとはせず
それでも一輝は引き下がることなく、自分に分かるよう答えて欲しいと詰め寄る
その言葉に二見さんはただ「目障り」としか答えようとはせず・・・


摩央の涙とそれに対する光一の反応に、心を悩ませる星乃さん
珍しく勉強も手に付かない彼女を光一は優しく気遣う
いつからか摩央の話題が入ると、どことなく会話がぎこちなくなる2人

星乃さんは光一の目を見て「私のこと・・・」と言いかける
光一の本当の気持ちの先は自分なのか、それとも摩央なのかを改めて確かめようとするも
それ以上を口に出すことは無かった


柊のアドバイスで、二見さんをもう一押しする決め台詞を練習し始めた一輝
「始まり方なんて関係ないよ!」
このセリフを使えば・・・

しかしそれからというもの、二見さんはしばらく学校に顔を出さなくなった
部屋に篭りきりで、どこか遠くを眺めては何か物思いに耽った様子の二見さん


それを心配してか、自分の下に花束を持って見舞いに訪れた一輝を見かけるや否や
何故か自分から姿を隠しては、一輝が来るのを今か今かと待っている自分がいた
突き放していたはずの自分が、今は明らかに一輝を意識して焦ってる

しかし、待てど待てど一輝は一向に来る気配がない
やっぱり自分の勘違いだったのかも・・・
何を期待してたんだろう・・・

そう思いつつインターフォンを確認してみると、ドアの向こうには決め台詞を延々と練習している一輝の姿
何という近所迷惑www


「俺たちの始まりは確かに実験だった、俺はただ舞い上がってただけかもしれない」
「でも今は違う、俺は今本当に二見さんが」
「天才だけど味音痴で、クールで美人だけど時々天然な・・・」
「そんな二見さんが大好きなんだ!始まり方なんて関係ないよ、踏み出そう二人で」


インターフォン越しに一輝の言葉を聞いた二見さん
まさか練習とは言え、それを全部聞かれているとは思わない一輝の下へ自分から足を運ぶ

焦る一輝はテンパッて10分以上かけて練習した台詞ミス(ノ∀`)w
お見舞いに来たという一輝の気持ちを払い、「人の気持ちは変わるもの」
「だからもう忘れて」と念押しする二見さんの言葉を一輝は逆手にとって


確かに人の気持ちは変われたらいい
けれど“変われない”から二見さんのことも忘れられない、諦められない
どうやったら気持ちは変えられるんだろう・・・


そう言った一輝が見たものは、目に涙を浮かべる二見さん
「泣いてない・・・」
自分でも何故泣いているのか分からないという二見さんを一輝はぎゅっと抱きしめる


その頃、摩央は居候先の真田家から引越し、光一の下を離れる決意をしていた


一輝は男になりました
気持ちが変われないから、いつまでも好きっていう言葉にそれを感じたねぇ
そんな一輝×二見ルートがようやく終結に向かいそうで重要な話だったのに
今回の作画崩壊具合はヒドいなぁ・・・

前半部分はいつも通りだったけど、後半が完全に「これ誰?」レベル
せっかくイイ話があっても、時々こうやっていきなり崩壊するのがこのアニメ
作画統一されてないからDVD買う気力も起きないんだよ('A`)

そしてビッチ姉引越しε=\_○ノ ヒャッホーウ!!
「どうぞどうぞ」と思うのは自分だけじゃないはず←
来週のサブタイトルからすると、摩央姉が引越しで光一の下を離れて
立て続けに星乃さんももう間もなく転校
一輝はともかく、光一の側に居た二人が揃って去る時期がそろそろやって来そう

テーマ:キミキス - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/68-449d9ade
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR