プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタルマギカ 第15話「人魚の伝説」
久しぶりにまたやって来ました、重苦しい話から脱却してのラブコメ編(違
季節は大寒の真冬だってのに、二次元の世界はその逆で真夏
アストラル御一行で慰安旅行として海へ
しばし、ヒロインたちの水着姿をお楽しみくださいw


黒羽さんって幽霊なのに歩いてるのおかしいでしょwしかも水着とか着れるんかw
みかんのは不可抗力です←

穂波いいショットないよ・・・
意外に地味な穂波に対して、アディはエロすぎwww
ウチ的には黒羽さんかなヽ(´ー`)ノ←


普段ピンチな時にはあんまり関わらないくせに、こういう時だけ
積極的に参加しては、いつきを誘惑するアディ可愛いよアディ←

穂波の水着姿(体型?)をバカにするアディ
胸がある・ないキャラ同士には良くあることw
どうやら前回の龍虎の拳に続くバチバチがまた起こりそうです
ホントこの二人だけで、いつきの奪い合いストーリー作れww
そっちの方が見てて面白いわw

需要は無いが、せっかくなので男性ver.

褌姿の猫屋敷さんギャグ要員化
前回の格好良さはどこへ・・・



ジブラルタル海峡仕込みと明石海峡仕込みの泳ぎ対決
水上バイク対決・・・アディ!ケツ、ケツ!
勝負で無茶しすぎてダウンした2人を置いて、いつきと黒羽・白狐は依頼された仕事を遂行
内容は「船魂」と呼ばれる航海の安全を祈るまじないの人形を元ある場所
つまり、いつき達が訪れている海の岸壁(洞窟)の中にある祠へ供えること

祠へ供え終わって一安心、かと思ったその時
謎の黒い靄(呪波汚染?)がいつき達を包み、そのまま二人+一匹をどこかへ飛ばしてしまう

気付いた先は舟の上
そこには先客として兵藤と名乗る見知らぬ男がいた
彼もまた、三日前に妙な霧に包まれて以来ここへ連れられて抜け出せないのだという

廻りには漂流したものと思しき船が多数
外界との連絡も取れず、脱出も不可能なここはどこなのか
兵藤と名乗る男の姿格好などから、ここが明らかに別の時代であることに気付いたいつき達
呪波汚染から抜け出すためには、その核を潰さなければならないが・・・


呪波汚染を解くカギを見つけ出せずに悩むいつき達に兵藤が語る
兵藤は代々人魚を釣る家系で、自らも幼い頃に風邪を治すため人魚の肉を食したという
それ以来、彼もまた人魚の肉に取り付かれてしまった
病で瀕死の娘を助けようと、人魚の肉を求めて漁に出て置き去りの娘を亡くしてしまう
そう語っていると、人魚の大群がいつき達の乗る船へと突然攻めてくる
唯一助かる方法は、船魂を海に投げて身代わりにすること
船魂を求めて、黒羽さん大活躍

亡くなった兵藤の娘・むつみに、船魂に込めた願いを同じ霊である自分に託すよう呼びかける
「たとえ死んでいても、人を思い続けることは出来る」
その呼びかけに応じて現われた船魂を手に取ろうとした瞬間
黒羽の体を通り抜け、黒羽自身の体も透けてきて・・・
むつみが届けた船魂を海に投げ入れ、人魚を追い払う(浄化する?)ことに成功

と思ったのも束の間、今度はいつきの体も透け始める・・・
それはこの空間から抜け出すサイン


そして無事に脱出した二人
気が付けば、

穂波たちの前で寄り添って寝てました(ノ∀`)w


元ある場所へ返された船魂に込められた悲しみと、
地元の人魚伝説と重なり合って別の世界へと引き込まれたという訳

何と言うか今回の話は、今まであまり出番のなかった
黒羽さんの株が数倍上がる回でした、と





【オマケ】

目で線香花火する人たちwwww

テーマ:レンタルマギカ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/33-f1881eee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) レンタルマギカ 第15話 「人魚の伝説」

レンタルマギカ アストラルグリモア第III巻(限定版) 御凪 鎬からの依頼を受けたいつきは黒羽と共に、とある場所にある祠へと船魂返しに行く。だが、その時!?・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/01/22 17:42】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR