プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんなぎ 第11話「でも、あやふや」
しばらく遊び呆けてた毎日から、ようやく本業のケガレ退治を再開したナギ
それに付き合わされる仁は、毎度生傷をこさえてばかり

美術部のメンバーは今が仁の「モテ期」だと囃すが
周りからは変な噂を立てられ、迷惑千万な毎日に我慢の限界を迎えた仁は

ナギに直接向き合い、今まで曖昧なまま手伝わされてきたケガレ退治の意味や
そもそもなぜケガレが出て来るのか
自分が何故それを退治しようとしているのか、はっきりした目的を問い質す

だが、ナギは事細かに詮索されることを嫌い
仁が強引に訳を聞き出そうとすると、悲しい表情を見せその場を立ち去ってしまう

ナギを傷つけたのではないかと考え込み訳も無くイライラする仁は
涼城先生にナギのことを相談する
仁はナギが神様であると自称していることを打ち明けるが、それを聞いた先生は
神と名乗る彼女の本当の正体を掴むべきだと言う

普段の生活からナギが神だと断定できるような証拠に思い当たる節も無く
言動にもそうした様子は見受けることが出来ない
それはもしかすると、神を語っているだけかあるいは神と思い込んでいるだけかもしれない

その頃、一人物思いに耽るナギは仁の言葉を思い返し
これまで自分にとって分からないことを考えようとしなかった

そして、今あることに満足し納得していた自分に初めて気付かされる
自分のことが分からないことすら分からなかったことにも

急きょ、不安に駆られた仁はナギが祀られていた神社の由来を調べようとするが
図書館に残る記録にも詳しいことはほとんど記されておらず

そしてナギはオオヌサを置いて、何処かへと消えていた

テーマ:かんなぎ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/270-b6d61a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) かんなぎ 第11話 「でも、あやふや」

かんなぎ 3 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る ナギと出会って以来、詳しいことを知らされぬまま手伝ってきた仁だったが、ケガレやナギの行動について曖昧にしてきたことが多過ぎると、彼女に真意を問いただすのだった――。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/12/20 06:57】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR