プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお稲荷さま。 第18話「お稲荷さま。思い出をもらう」
逃げる透とシロを追いかけ、立ちはだかる槐

これを捕らえるための対策として用意してきた泥目がシロに襲い掛かる
透を庇うように一人立ち向かうシロだが、生気を持たない相手だけに
得意の攻撃もまるで歯が立たない

悪戦苦闘するシロの一方で、残された透に教団の手が伸びる
槐が新たな鬼の王となるためには、シロに認められた存在を消さなければならない
その為にも透を今ここで消すべきと言うが・・・

そこへ駆け付けたクーが透を救出
急ぎシロを助けるべくその下へと向かうと、既に汨羅も到着していた
するとシロが倒したはずの泥目が生き返り透と汨羅を襲う

そこへ透を救うべくコウが現われ、サカサエンの一撃で泥目を倒すと
シロを封印しようと企む汨羅と対峙
その隙に透が泥目との戦いで力を使い果たし、意識を失っている
シロの下へ歩み寄ると、彼女が目を覚まし透の名を口にした・・・?!

泥目との戦いで真の力に目覚めたシロに危険を感じた月読の
何が何でもシロを封印させようとする、そのやり方に駆け付けたクーは反対するが
シロが生きている限り、その親である透が鬼に付け狙われることも想定し
封印させてほしいと願う月読の言葉に、力の弱り切っているシロを死なせるより
最善の策とクーは判断し、月読の指示に従うことを決める

クーの提案に透もシロを助けてあげたいと、その決定に従うことに
汨羅の治療を受けて、もう間もなく封印に付くシロは透との思い出を廻らせていた
槐の下を逃げ出してまで透の下へ来たのは、透の家族になりたかったためだと言う

その言葉に互いに喜び合う2人
そうしてやがてシロは眠りに付き、無事に月読たちの下へと渡っていった・・・

全てが事も無く終わったかと思いきや、クーは一人
泥目を槐に売り付けた犯人を捜すべく、その仲介者であるイナモチを問い詰めていた

既にクー自身も見当が付いているようだが、その人物の真の狙いは
三槌の人間を消すことにあったのだと言う・・・

次の日、クーはその犯人である玉耀と出会う
以前、クーがこの街で御霊送りをしたことを聞きつけた玉耀は
自らを封印した家の人間に御霊送りをすることの是非を問うが
人間を憎んでいるらしい玉耀の言葉に、クーはそういった感情が無い訳ではないが
今の自分にとってそういったものは不要であると

クーと全く正反対の環境を生きてきた玉耀にとって、クーのそうした思考は
全く理解できるものではなかった
同じ人間を恨む者として、クーを手助けするべく泥目を送り付けたって訳ね

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/195-e1daefe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第18話 「お稲荷さま。思い出をもらう」

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻 逃げ出す透と百鬼の前に立ちはだかった槐。彼女は、百鬼を捕らえるための最終兵器を用意していた・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/08/08 01:08】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR