プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお稲荷さま。 第16話「お稲荷さま。辛抱する」
シロが槐たちの手に渡ってから数日経ったある夜
六瓢は道すがら、とある人物と遭遇する

言葉は発しないものの、それはまるで呪符を解かれたシロそのもの・・・?!

相変わらず妄想力たくましい人が、今回は「両方」の意味を捉え違えて、

ヒロイン?的扱いなんだろうけど、顔崩れすぎだろwww
妄想入ると完全にギャグキャラだよなぁww

シロを失った透はいつもと違って、まるで元気が無い
その様子を逐一影から監視しているのは、透たちとはもう縁が切れたはずの槐一派

これを嗅ぎ付けたクーは、彼らから槐が寝込んでいることを知らされる
だが、透を監視する目的を告げようとしない彼らに、クーは警戒を発する


紅葉たん!!!!!!!!!!
昇を「美味しそうなニオイ」とか言ってるし、この人も妖怪なのかなー
つか、右の人wwww

そして遂に動き出したシロ
シロを無事に手に入れた槐一派だったが、その扱いには手こずったようで

呪符が解かれたのをきっかけに、力を解放した彼女の持つ力に
一派は制御する術も無く、槐もまた簡単にやられてしまう

暴走する形となったシロは、町を転々としては何処かへと向かっている様子
シロを取り戻し鬼の王となるべく、槐はイナモチという男を招聘する

そして当のシロは、何と透の前に再び姿を現した!
そこへシロを取り返すべく槐一派と
同じく透の身を追ってクーと、月読・汨羅らも駆け付けた

こうして学校を舞台にバトルが繰り広げられていく
・・・ってあれ?ノロイは?


ぱよキターッ!!(≧▽≦)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/188-88218e38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR