プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かのこん 第7話「あたためてあげちゃう?」
冒頭からまた添い寝
今まで見せられて来たのに比べたら、添い寝なんざ序の口にも満たないぜ!

と思ったら不意打ちで、後ろーッ!!
てーばっく!てーばっく!(゚∀゚)


ぱいおつ!ぱいおつ!
気が付けば限界点を突破していたようです

と、積もった雪も溶かすくらい相変わらずの熱々ぶりな2人の下に
ある日、突如として吹き荒れる猛吹雪
その中から現われたのは、「雪花」と名乗る雪女忍者

曰く、耕太にゾッコン中のちずるを観察せよと
ちずる母からの命を受けて使いとしてやって来たという
余計なお世話と、意地でも耕太と離れようとしないちずるを見て
耕太が「ちずるにとって相応しい相手」か判断するため、雪花は耕太に試練を与えることに


それは学校を大雪で包み込み、孤島と化してしまうこと
一瞬にして学校内に閉じ込められる生徒たち
まさに氷点下サバイバル

まずは澪から油を搾り出してもらい、暖を取るための燃料確保
のはずが、元がカエルなので寒さと相まって冬眠期間に突入w
熊田も冬眠w

「4P」の意味を知ってるらしい朝比奈嬢
こういうカタブツさんに限って、実はそっち関係には興味津々なんだろうね
一方その頃、「3P」は実行済みの対策メンバーw

事態は一刻を争う事態に突入
急いで雪花を探し出て止めさせる必要がある
一同が進んだ先に待っていたのは、雪だるまの大群

たゆらの顔がミクっぽくなっとるw

雪だるまに追われる耕太たちとは裏腹に、教室で暖を取るクラスメート
灯油が切れ掛かってヤバめだったのが、気付いたら
ダンボールかまくらで鍋してるとかwwwwwwwwwwww

「七々尾姉妹の闇鍋」

逃げまとった際にかいた汗で身体が冷えて来た耕太を暖めるべく
行為を正当化して、さも当たり前のように裸でくっつき合う御三方w

珍しく積極的に胸をこすりつけてくる望
外じゃ一生懸命雪かきとかしてるってのに、お前らwww

そして行為はエスカレートして、2人の手は遂に耕太くんの下半身・・・
アッー!



ちずる「こんなに寒いのに、すっごく暑いのなーんだ?
望「凍ってもいないのにカチンコチンなぁに?

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
ホントこのアニメ終わっとるwwwwwwwwwwwww


そんなことばっかやって全然探しに来ないので、雪花が自らやって来て
ちずるの身体を奪おうとしている耕太に攻撃を仕掛ける

追い詰められた2人は、最終手段でいつもの合体
憑依(変身)することで、2人の絆がどれだけ深いものかを直接見せつける

すると、それを見た雪花はあっさりと手を引く

曰く、全ては2人の絆を確かめるためのテストだったと言う
そしてテストに合格した暁には、耕太を連れ実家に戻るようにと伝えるとサッサと退散

雪ぐらい消していけよ^^


そして今週も最後は望がおいしいとこ持っていきましたw
こういう役割が多くなるのかなぁ、今後は

テーマ:かのこん - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/150-e009ca0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) かのこん 第7話 「あたためてあげちゃう?」

かのこん 第1巻【初回限定版】 初雪のちらつく通学路、今日も元気に耕太とちずるはラブラブ真っ最中。そこに突然の猛吹雪が! ブリザードの中から現れたのは網タイツ姿の忍者だった。ちずるの母からの使者である雪女の雪花は、人間の耕太は妖怪のちずるには相応しくな ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/05/19 21:48】

(アニメ感想) かのこん 第7話 「あたためてあげちゃう?」

かのこん 第1巻【初回限定版】 初雪のちらつく通学路、今日も元気に耕太とちずるはラブラブ真っ最中。そこに突然の猛吹雪が! ブリザードの中から現れたのは網タイツ姿の忍者だった。ちずるの母からの使者である雪女の雪花は、人間の耕太は妖怪のちずるには相応しくな ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/05/19 21:49】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR