プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお稲荷さま。第2話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」

前回の経緯で高上兄弟の家へとやって来た、クーとコウ
恐る恐るの父もすんなりと二人(一匹と一人?)を受け入れちゃうw
非現実的なのに、何でそんな簡単に・・・ってのには理由があるんだと思われ


クー変化
男ver.のコウが(中の人との兼ね合いで)思いっきり岡崎と被るwww

そんなクーの申し出で、高上兄弟の住む土地神を訪ねたいとのことで
二人はその神がいる羽柴神社へクーを連れて行く
他所から移って来た者がその地で力を使いたいならば、土地神に挨拶を交わす必要がある

その道すがら、神社の麓にあるコンビニのオーナー・恵比寿と出会う
恵比寿は人間の姿をしたクーの正体を一目見て疑うことなく「狐」だと暴く
怪しむクーに恵比寿は言う
自分こそがこの土地の神なのである、と・・・


恵比寿の案内で一行が向かった境内で待っていたものは、恵比寿の手下である狛犬2匹
目的を遂行しようと挨拶に来たクーに、恵比寿は表情を一変させ
クーらがこの土地を滅ぼそうとする者であるとして、攻撃を加えにかかる

思わぬ恵比寿の采配に驚く高上兄弟であったが、これにクーが応戦

容易く退けられるという考えと裏腹に、地味に苦戦を強いられるクー
そこへ駆け付けたコウのアドバイスを受け、「震」という落雷の力を持って一発逆転

狛犬二匹を退けることに成功
そんな恵比寿にさんざ振り回された一同
あっけらかんとして、どこか掴み所のない雰囲気のこの男

クーは「詞」を授かるため、再び恵比寿の下を訪ねるが
そこで恵比寿は高上兄弟と護り女コウ、そしてクーとの関係から
早世した兄弟二人の母親・美夜子の名を口にする

面識はないものの、生前にその気配を感じていたと言う恵比寿は
クーにようやく一つの「詞」を授ける
それはクーですら思いもよらなかった驚きの一言

「高上美夜子の魂はまだこの土地を彷徨っている」のだと


ダメだ、何か2週目にして早くも失敗作のニオイが・・・
無駄なシーンがいくつかあるし、言葉の説明も中途半端
そして何より大事な母親とクーの関係を伝えるシーンがまだ出てないってのがどうにも
本来ならクーが家に来た時に父親と話するはずなんだけどなぁ
そこで初めてほっちゃんの声も聞けると踏んでたのにorz

とりあえずほっちゃん出るまでは普通に見るけど・・・うぅん

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/126-dc90a785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第2話 「お稲荷さま。我が家に住みつく」

我が家のお稲荷さま。 (電撃文庫) 父親の承諾もとりつけ、高上家で暮らすことになった天狐とコウ。人間の暮らしに興味津々の天狐は、ある日この地の土地神に会いたいと話すのだった・・・。 ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/04/15 19:45】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR