プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお稲荷さま。 第1話「お稲荷さま。封印解かれる」

今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された
高上昇と透の兄弟。
二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった。
大ばば様から透が妖怪に狙われていると聞かされる二人。
その妖怪から身を守るためには、
裏山の祠に封印されている天狐の力を
借りなければならないというのだが…。


田舎にある母の生家・三槌家に住む大ばばから
突如として呼び出された高上昇とその弟・透の2人

目的を知らない2人に大叔母が知らせたのは、妖怪が透の命を狙っているからというもの

三槌家とは代々、五行の一つ・水気を祀って来た由緒ある家柄であり
早世した2人の母・美夜子は、その最後となる水の司祭だった
その母が亡くなって以来、三槌家を支える女子の血が途絶え妖怪が近付くようになったという

そもそも高上兄弟がココへ来るきっかけとなった出来事、それは透が見た夢にあった
透の名を尋ねる謎の女性・・・
意に介せず透は自分の名前を教えたが、それはやがてその妖怪と退治する際に不利に働く
と、三槌家に仕える護り女で、「水気」の力を有するコウは言う

コウの声が思ってた以上にぴったりな感じで良い\(^o^)/
暗さといい雰囲気がハマり役

五行による相生と相剋の関係では、透に語りかけた妖怪の女は「木気」のもの
それを退治するには、相剋で「木気」に力を与えてしまい不利となる
「水気」の力を有する護り女コウ一人では難しい
そこで「木気」が最も苦手とする元素である「金気」の力を持つ狐の手を借りることに

事態は一刻を争う
裏山の祠に封印されている狐を目覚めさせるため、昇たちは早速そこへ向かう
着いた先には「天狐空幻」を封印したという巨大な祠(岩?)

三槌の当主にしか封印を解くことは許されていないというそれを
大ばばから、今現在の三槌家当主が自分であることを初めて知らされた
昇がその場で祠を開く呪文を唱えることに

呪文を唱え終わると同時に祠が動き出し、その奥には何と眠っている狐の姿が!
この狐が昔、三槌家が祀り上げこの地に封印した守り神・天狐空幻であるという

驚く高上兄弟に、大ばばが空幻へ協力を依頼するも
尊大な態度で首を縦には振ろうとしない
そこへ大ばばが2人の母・美夜子の名を出すと、空幻の表情は一変
何か美夜子と過去に関係があったかは定かでないにせよ、その言葉に
空幻は「三槌の為でなく美夜子の息子の為に動く」と協力を承諾

その夜、透を狙う妖怪を払うための儀式が執り行われることに
緊張の面持ちで待つ2人の前にコウと共に現われたのは、人間の姿をした空幻

やっぱ実体よりこっちの方が断然イイヨネ!!

そして間もなく儀式が始まる・・・
夢に現われた妖怪は、透にその名を尋ね受け答えを済ませたことから
既に透の名に関しては支配されているため、名を呼ばれても返事をしてはいけない

部屋に結界を張り、妖怪が透の下へと来るのを待っていると・・・
鈍い足音と共に結界を突き破ろうと、透の名を呼びかける妖怪の姿が
その力に恐れる透は、ふとした呼びかけに返事をしてしまう

これがきっかけで結界を越え、姿を現した女の妖怪
「木気」の力を活かす「水気」の力を持つ透を我が物にしようとする妖怪に
空幻がコウと共に立ちはだかる

金剋木=妖怪の女がもつ「木気」の力を奪う「金気」の力を持つ空幻は
「水気」のコウとの連携プレーで見事に秒殺

透を狙う妖怪は退治できたものの、役目を終えた空幻を大ばばは祠へ戻すという
しかし、高上兄弟はそれに反対する

とは言え、空幻を封印する祠は三槌家当主の人間でなければ開けられないし
そうでなければ再度封印することも出来ない
空幻の今後の処遇は昇の判断に全て任せられている

その決まりに昇は迷うことなく空幻を封印しないと決めるが、その代わり
空幻が三槌の守り神を続けることは不可能になるのだという
気を落とす2人に空幻が、自分を新たに2人の守り神にするよう提案する
2人のことが気に入ったという空幻に、昇たちも喜んでそれを承諾し
これで晴れて空幻は、新たに高上兄弟2人の守り神として着いていくことに

そしてまた姓は違えど、現・三槌家当主の側に仕えることが護り女の役目
コウも空幻と同じく、高上兄弟の下に居候することになるのだった


いやぁ~原作読んでると分かるけど、物凄い超スピードで話進めてるね
用語解説というか、特にこの物語で一番大事な
「五行」の説明が全くないから、初見の人にゃ話さっぱりだと思うよ・・・
そんでもって来週にはもう恵比寿出ちゃうし
これも1クールらしいけど、ちょっと急ぎすぎじゃないか?って思う

キャラデザインは漫画と同じく表情豊かな空幻に比べて
コウは仕方ないとしても、アニメの高上兄弟は時々表情が死んだ感じに見えて仕方ない
もう少し変化付けられなかったのかっていう・・・

声はさっきも書いたけど皆それなりに合ってると思うよ
特にコウは(またかw)

テーマ:我が家のお稲荷さま - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/119-d30594cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 我が家のお稲荷さま。 第1話 「お稲荷さま。封印解かれる」

我が家のお稲荷さま。 1 (1) (電撃コミックス) 今は亡き母、美夜子の生家である三槌家に呼び出された高上昇と透の兄弟。二人が呼ばれたのは、透が見た夢が原因だった。大ばば様から透が妖怪に狙われていると聞かされる二人。その妖怪から身を守るためには、裏山の祠に ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2008/04/09 02:47】
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR