プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミキス pure rouge 第24話(最終話)「・・・・・・and meet again」
待ち合わせを約束していたはずの二見さん
連絡も取れず、校内のどこを探しても見つからない・・・

光一と星乃さんも既に空気が死んでる
手も繋がないし会話もロクにしないし目も合わさない
そんな星乃さんの目の前であるにも関わらず、未だに光一は摩央が気になって仕方ない
「ダメだこいつ・・・何とかしないと」だわホントに('A`)

そんな光一と一緒にいて真に楽しいはずがない星乃さんを一人待たせ
忘れ物を取りに行く光一、って嘘が下手だなオイ・・・
光一を待つ星乃さんはふと摩央と遭遇

「楽しんでる?」とか聞かれたところで、そんな訳ないだろと
こうなった原因はあんたなんですよと言いたいんだが・・・

摩央は言う
星乃さんの転校が決まった時、光一はバイトして星乃さんに絶対に会いに行くと決めた
そんな男らしい光一だから、星乃さんのことも絶対に大切にしてくれるはずと

戸惑う星乃さんに手を差し出す摩央は「バトンタッチ」
そう言ってぎゅっと星乃さんを抱きしめ
「光一のことをよろしく」とだけ言い残し、摩央は笑顔でその場を立ち去っていった

そして忘れ物を取りに行った光一はサックスとバッタリ遭遇
擦れ違う光一にサックスは言う
「水澤の気持ちを知ってるなら、それでイイのか」と

星乃さんとの間で揺れる自分の気持ちに戸惑う光一にサックスは更に言う
自分の時も同じくそうやって、摩央は相手を傷つけまいと自分に嘘をついていたと
だから暗に光一にも素直になれと言ってる訳ですが、サックス余計なことをぉおおおお!!!


二見さんを探して奔走する一輝に思いの丈をぶつけて、遠まわしに失恋を経験した明日夏は
気持ちを切り替えて進もうとしたその帰り道、公園で一人佇む二見さんの姿を見つける
一輝との約束に現われていないのを気にかける明日夏に、二見さんは自分の気持ちを告白
今までは自分の気持ちが分かってさえいれば良かった
けど、今はそれが好きになればなるほど怖い・・・

人を好きになる心を知ったことで、逆に今度はそれが原因で
傷つくことを怖れ一輝を避けようとしていた
そんな珍しく弱気な面を見せる二見さんの気持ちを理解しつつ、明日夏は優しく言う
「怖いのは誰でも同じ、けど逃げてたら何も始まらない」のだと

そして遂に学園祭も終了の時が迫る
それぞれもまた自分の本当の気持ちへと辿り着いて行き・・・
学園祭の最後を締めくくるキャンプファイヤ

星乃さんとともにぼんやりする光一は、その向こうに摩央の姿を見つける
互いに見つめ合うと、摩央は光一を見てニコリと笑う
それを見た光一はふと立ち上がると、星乃さんに話があると・・・

星乃さんを呼び寄せた光一は自分の気持ちを正直に伝える

「転校しても必ず会いに行く、ずっと一緒という約束は守れない」
「星乃さんとはもう会えない」
自分が好きなのは摩央姉ちゃんだから」


申し訳なさそうに謝る光一に星乃さんは涙を流すでもなく
最後に自分の気持ちをはっきり伝えてくれたことに「ありがとう」と感謝する

ずっと前から光一を見て、摩央が好きだということは察していたし
それは分かっていても、最後の今日だけは一日笑顔でいようと決めていたのだと
そして摩央からバトンタッチされた光一への気持ちを、星乃さんは光一との握手で受け返し

「沢山の思い出と勇気を貰った光一と出会えて良かった」
そう言い残すと、星乃さんは別れを告げて去っていく・・・


一方その頃、一輝は遂に二見さんを見つけ出す
そんな一輝にどうして自分を怒らないのか、どうして嫌いにならないのかと問う

「人は結局一人、誰かと理解しあう事は永遠に不可能」
それを証明するための実験は失敗
一輝はいつも自分を見つけ出してくれたが、その度に一輝を傷つけて・・・
うつむく二見さんに一輝は言う

「傷つけてもいい、怖くなったら逃げてもいい」
「そうなったとしても、何処にいてもまた必ず見つけ出すから」



そんな一輝の想う気持ちに触れた二見さんは一輝に告白
同じく二見さんに「好き」だと告白した一輝し、二人はキスを交わす・・・


星乃さんと別れ、自分の気持ちに悩む光一はサックスの言葉に思い立ち、摩央の下へと急ぐ
突然目の前に現われた光一に驚く摩央が尋ねると、星乃さんとはサヨナラしたという
光一は「自分が好きなのは摩央姉」だと告白

星乃さんとの約束を反古にしてはいけないと気持ちを突き返そうとする間央だが
対する光一の表情は真剣そのもの
ずっと自分や星乃さん、摩央姉に嘘をついて来たけれどもう誰かを傷つけたくはない
もう二度と摩央を泣かせたり傷つけたり一人にはしない
もう二度と摩央を離さない

涙ながらに言う光一の言葉に戸惑いつつも、「大好き」との最後の言葉に
摩央もまた涙を流して自分の気持ちに素直になる

「私も光一が大好き」


とりあえず誠氏ね!!
個人的に期待外れな最悪のEDになってしまいましたorz
まぁ、途中からおかしな流れになってたし、無理だろうなとは思ってたけどさ・・・

一輝と二見さんが上手く行った直後に考え込む光一の姿があまりに情けなさ過ぎてワロタ
あんだけ最初は好きでデレてたはずなのに、そう気持ちって変わるもんなのかねぇ
正直に気持ちを全部伝えたのはイイかもしれないけど
「転校しても会いにいく約束は無理」って言われた側は表には出さずとも流石に傷付くよ
終盤でガードレール乗り越えて行く光一に「轢かれちまえ」とか素で殺意覚えたし
歩道橋のシーンでも、こうなりゃ星乃さんが包丁持って来て摩央を(ryとか何とか

一応の主人公は光一と一輝の2人だから、二極で進むストーリーだった訳で
最初の展開からそのままどっちも光一×結美、一輝×二見で終わってくれたら
それが完全星乃さん派なウチ的には最高のハッピーエンドだったんだけど
最後まで引っ張った一輝だけが上手く行って、不甲斐ない光一があれじゃあ・・・
そんな幸せな展開を期待してた自分として、この結末は大いに納得行かない

あんな形で光一に捨てられちゃって
もともと物静かで内気なタイプだった星乃さんが余計臆病になりそうで
あの分だと転校の見送りとかもしないんですかね、あの最低野郎は
幸せそうに二人で花火見てキスしてんじゃなく、言ったからには最後までケジメ付けろよと

確かにアフレコ終わりのコメントで、星乃さん役のあみっけが
光一に対してかける言葉が「何もありません」と呆れた様に言うのも無理ないわ
話で見せた光一の男らしい決意とか、素で格好良いじゃないかと
感心したのが今となっちゃ馬鹿らしい・・・ホントにSuckだ
一輝みたいに一途に相手を思い続けられたら良かったのにね、っていう(´・ω・`)

1クールだけならともかく、2クール目はいただけない
結果論だけど、DVD買わなくて良かった
半年間期待してた「夢物語」をぶち壊してくれてありがとう、とだけ皮肉たっぷりに\(^o^)/

あと本編に関わる感想とはあんまり関係ないけど、学園祭終わりのキャンプファイヤに
最初は好きだった相手から、身近にいた別の人に気持ちが移り変わって
最後の告白シーンで歩道橋の上とかホントどこのスクイズだってのw
キャンプファイヤを見てる時の星乃さんのボーッとした表情からして
もしかすると幼い頃の記憶で発狂?とか思ったけど、それ別のアニメw

テーマ:キミキス - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この動画のアス比おかしくね?w
【2008/03/23 15:15】 URL | さっちゃん #- [ 編集]


上がってるのそれしか無いから、オレに言われてもね
書くならむしろアニメの感想も書いておくれよ
【2008/03/23 17:37】 URL | すずなっち #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://guminacchi.blog26.fc2.com/tb.php/103-e5da15a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR