プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第12話(最終話)「島の心 人の心」
闇の力をさらに取り込み、闇の巫女となったウリン
巫女の力を失ってしまったマリンと夏音を前に
マリンの命を救うためにはウリン自身が光の心を捨てなければならない

マリンが光の心を捨てさえすれば、事は終わる
そうセドナに諭されるがまま、マリンを引きずり込もうとする

だがしかしマリンは、心を捨てることが人を想う心が消え去ること
それすなわちウリンを好きになると言う気持ちがなくなってしまうことだとして
ウリンと同じく闇に落ちることを頑なに拒む

二人が出会ったことこそが間違いだった
ウリンはそう言うと、マリンを連れて珊瑚が広がる二人の思い出の場所へと向かう

残された夏音は、セドナの正体を松本に明かす
島の人々の心に潜む闇が、悲しみとして流した末に海に集った姿

マリンを助けるためにはこうするしかない
思い出の場所で、闇の力を使いマリンの心を染めようとする

自身を嫌いになる以外に方法は無いと言うウリンに
マリンは以前のよう自分を姉と慕い、帰って来てくれると信じて止まない

たとえどんなウリンであっても、想う気持ちが揺らぐことも
嫌いになること以上に辛いものも無い
その気持ちを前に、悲しむ心さえも捨て去ったはずのウリンに変化が

かすかに残っていた光の心がマリンを受け入れたことで
体内のセドナが拒否反応を起こし始めた

マリンを好きになる気持ちをさらに思い出せば、セドナを封じることが出来る
だがそれは、ウリン自身が犠牲になることでもある
大好きな姉を救うことが出来るのならば・・・

泣きじゃくるマリンを前にして、ウリンの瞳にも涙が溢れ返って来る
それを見て、自分の気持ちを精一杯ぶつけるウリンの飾らないその言葉は
妹として大好きな姉を想う最大限溢れんばかりの愛の印

再びセドナが封印されようと、すなわちウリンが消え去ろうとしたその時

もっと一緒にいたい、愛していると言ってほしい、別れたくない
悲しみや寂しさ
たとえどんな形であろうと、それらは全て一人ひとりが流した純粋な心

マリンとウリンの心がセドナへ届いたのか
相反する闇と光は溶け混じり、セドナは消え去った

そして別れの時も近づく
本来、触れあってはならないとされる空人と海人
セドナの一件を経て、より親しくなれたものの
今後は掟に従い、互いに会うことも出来なくなってしまうのだという

光と闇の戦いは島の人を巻き込んだものの、それは全ては夢だったかのように
小島も大島も鈴木も、サムもワリンも市川も
夏音とマリン、ウリンをめぐる出来事を知ることはない

不器用な夏音もマリンとの出会いを経て、自分の気持ちを伝えることの大切さを知った
別れ際、恥ずかしげながら夏音はマリンに想いを伝える
「愛してる」と
スポンサーサイト

テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

現状報告
忙しくて、買ったマンガを読むどころか
レビューを書く時間すらもまともに取れてません
「うみものがたり」についてはなるべく明日までに書き上げます

新規作品ももうすぐスタートするけど、そちらは少し出遅れる形になりそう
とりあえずボチボチやってきます
09年度10月期アニメ視聴スケジュール
某エロ作品が今週からスタートするので、もう決定する時期
つーこって、リストアップ

【日曜日】
テガミバチ (10/4)

【月曜日】
風のスティグマ(AT-X) (10/12)
とある科学の超電磁砲(AT-X) (10/5)
そらのおとしもの (10/5)

【火曜日】
WHITE ALBUM(AT-X) (10/13)
H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~(AT-X)
こばと。(NHK-BS2) (10/6)
乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪(AT-X) (10/6)
キディ・ガーランド(地上波) (10/20)

【木曜日】
クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者(AT-X) (9/24)
11eyes(AT-X) (10/15)
アスラクライン2(AT-X) (10/1)
ささめきこと(AT-X) (10/15)

【金曜日】
ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~(AT-X) (10/16)
FAIRY TAIL(AT-X) (10/23)
明日のよいち!(AT-X) (10/9)
けんぷファー (10/2)
にゃんこい! (10/2)

【土曜日】
夏のあらし!春夏冬中(AT-X) (10/10)
聖剣の刀鍛冶(AT-X) (10/3)
生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 (10/3)

【放送日未定】
君に届け (10/7)


「スティグマ」「H2O」「よいち」の過去作品3つを除けば、新規視聴は全部で19作品
前期に引き続き、AT-Xで大半がカバーできるようになってるから助かる
史上最も多くなるかと思いきや、結果的にあの人より多くなることもなかったし( ´,_ゝ`)
それでも継続作品入れたら、全部で30近くにはなるんだけどw

しかし、TBS系列の作品はこっちじゃやらないのは分かってはいても
いつも見たいアニメが多い枠なだけに余計憎たらしい・・・
他にも放送で気になる作品はいくつかあったりする

「しゅご」は原作どころか、アニメはテレ東で続くのにCSでの放送は終了しちゃうのか?とか
「君に届け」は仙台でやるのか?とか
今、地上波でやってる作品(07-GHOST、うみ、バスカ)の後釜には何が来るのか?とか

現時点で「キディ」と「こばと」しか地上波で確認できてるものがないだけに
一番心配してる部分はむしろそこかな

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

ちょ、えぇ?!

また金髪?!

でも何か余計可愛い(*´∀`*)
このデザインの服着てるとこも、最近よく見かけるけどお気に入りかな?

それにしても、まさにフーミンと美星の身長差そのまんまwwwww

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第11話「光の心 闇の心」

セドナの闇の力に取り込まれた
ワリン、サム、市川を前に困惑するマリンたち

諸悪の根源だとする夏音と松本へ襲いかかるサムたちを止めようと
マリンは巫女の力で闇を浄化しようと試みるが、既にそれすら効果が無いほど
セドナの与える力の影響は大きくなっていた

むしろ、ワリンたちの力を強める結果となってしまう
追い詰められたマリンと夏音が2人で手を取り合い、力を合わせると
今までにない強烈な光が周囲を包み、闇で赤く染まった海は一瞬で浄化され
ワリンたちも元に戻すことが出来た

この力を目の当たりにした松本は、かつてない力に
ひょっとすればウリンを殺すことなく、セドナから解放することも可能かと思い始める

意を決したマリンたちは海底神殿へと向かう

しかし、そこにあるのは崩れ落ちた神殿の跡のみで
肝心のウリンの姿はどこにもなかった
地上でワリンたちを浄化する際に放った光で
一緒にセドナも浄化してしまったのでは?と勘違いするマリンたち

心当たりを探すうちに、マリンは海底にある自分の家へ戻っていると感じ
そこを探ってみると、やはりウリンは家へと帰っていた

だが、眠りから覚めたウリンは夏音が目の前にいると気付くや否や
力を解放させ、セドナから得た羽を広げながら血相を変えて神殿へと帰っていく
闇の力はまだ浄化出来ていなかった

自分だけを好きになってくれると思いこんでいたウリン
だが、心の優しいマリンは分け隔てなく誰をも好きになったためどこかで擦れ違いが生じた

セドナの語りかける声にのみ耳を傾けるウリンに
2人は力を合わせて闇の浄化を試みようとする

だがしかし、闇は払われるどころか、マリンたちの放つ光が
ウリンの元へと徐々に吸収されていく
力を放出し切った2人は巫女の姿を強制的に解かれてしまう

好機とばかりに光の心を吸収したウリンは、2人へ闇の心を送りこむ
抵抗空しく、徐々に闇の世界へと落ちていくマリンと夏音

闇の心を感じる2人は、その胸に飛び込んできた心の断片から何かを感じ取る
それはセドナの闇が、実は誰かを憎み妬むような暗い心ではなく
大島や夏音母、そしてマリンと夏音たち
天神子島の人々が海へ流してきた様々な悲しみの断片
そしてセドナはその島の人たちの心が集まった姿なのだと理解する

徐々に遠のく意識の向こうで、闇に包まれたウリンは最後の変化を遂げる

テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

やっぱりルージュ
待ちに待った「アイドル・アタック!」発売日
もはやアニメよりこっちの存在の方が重要になって来てるんだけどw
早速、一通り聞いてみての簡単な感想とやらを

アイドル・アタック(初回限定盤) (DVD付)アイドル・アタック(初回限定盤) (DVD付)
(2009/09/16)
エクリップスRouge starring 戸松遥

商品詳細を見る

5曲目の「Running on(album-mix)」は、第9話で流れたあのバージョン
チーム・バスカッシュと対戦するエクリップスが歌ったやつね
アランも歌い出しだけ参加してたけど

7曲目「二人の約束」(戸松ソロver.)はまさに待ってましたと言わんばかり
この曲はダンとルージュの曲、みたいなもんだし

アルバムオリジナル曲に移れば、4曲目の「ナミダイロ
はやみんソロな訳だが曲もそこそこ良いし、何より基本がしっかりしてる分、安心して聞ける
8曲目の「流星」とか明らかに難しそうなのに、こうも楽々と・・・(汗)

逆に6曲目の「After The Heart Rain
今まで個人的にまめぐは過小評価してたけど、これを聞く限り声に張りがあるんだなと
これは聞いてて苦じゃなかった(失敬)

初回特典のDVDは、第一期OP・二期OP・EDと
物語中のエクリップス出演カットをいくつかまとめた「nO limiT」のPV
さらにバスカッシュ本編のダイジェスト映像による「二人の約束」PVと
AV関連商品のCM集を収録

PVはどれも切って繋げた、みたいで若干やっつけっぽいのが気になるんだけど・・・
一応名義はエクリップスの割に、その大半はやっぱりルージュ中心でしたw

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第10話「沈黙する心」
夏音の大切な人・小島を奪おうと、ウリンが放った刺客
その言葉にウリンの存在を感じ取ったマリンは必死でウリンへ呼びかける

操りの主であるウリンが一瞬、マリンの声に心が揺らいだ隙をついて小島を救出

しかし、広がり続ける闇の力は徐々に海全体へとその手を伸ばし
海底に住む生き物たちを次々とセドナの兵士に変えてしまった
そしてその浸食は、やがてサムとワリンの元へも・・・

セドナに取り込まれたウリンはその声に惑わされ、より深く闇へと心を閉ざしてしまい
遂に閉じこもっていた殻から目覚めはじめる

迫るセドナの僕を前に、マリンは前にも増してより強力な力を放つことで
目の前に広がる闇を一気に浄化することに成功した

しかしそれでも、すぐに闇の力は天神子島全体を覆い尽くし
島の住人たちを次々と闇で支配していってしまう

セドナの僕から救い出したはずの小島も、その影響で夏音を突き放してしまい
告白を前に拒絶された夏音も、流石に同様を隠せなかった

鈴木も闇に捕らわれ、何故か性根からアレなのか
全くセドナの力が利いてない大島ですら、小島の突き放すような一言で大ダメージ
まぁでもこの人はそういうキャラだし、闇とか特に問題なさそうだ←


一旦対策を練るため、家に戻ったマリンと夏音たちの前に
眠りから覚めたウリンが待ち伏せていた
背中に羽を生やし、闇へと引きずり込もうと企むウリンは
明らかに様子が今までと違い、松本は「もはや妹ではない」と言う

闇に染まったウリンにとって、誰かを好きになる気持ちも必要ないと言う
目の前にいるウリンを本当のウリンだと信じたくないマリン
拒絶されたウリンは闇の力を蓄えに、再び海の底へと帰っていく

止むを得ない状況と判断した松本は、セドナを封印する方法を2人に伝授することに
その方法とは・・・

空と海の巫女
2人で光の槍を作り出し、実体の無いセドナの核を貫くこと
今のセドナはウリンに取り憑いているため、それすなわちウリンを攻撃することでもある
当然ながらマリンはそれを拒み、自らウリンの下に赴き説得するという
最悪の場合、夏音にウリンと自分もろとも封印してほしいと頼む

だがしかし、今や夏音にとって大事な友達であるマリンを
そう簡単に見捨てるような真似は出来ない
泣きながら引きとめる夏音は、協力してウリンを助けることを誓い合う


光の力でウリンを無事に取り戻すことを胸に、2人が海へ潜ろうとした矢先
セドナの闇に取り込まれた市川やサム、ワリンらが立ちはだかった

テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

バスカッシュ! 第22話「クラッチショット」
スカイブルームでの解散コンサートを今夜に控えた
エクリップスの楽屋へ忍び込むことを決めたダンとアラン

幾多の障害を乗り越えて、ようやく辿り着いた先で
ようやくルージュとの再会を果たす

再会を喜ぶダンだったが、彼女はダンのことをすっかり忘れてしまっていた
まるで他人行儀で、呼びかける声も全く届かず

事情が飲み込めず、納得いかないまま会場を追い出されたダン
去り際にシトロンがダンに手渡したメッセージには
夜の解散コンサートへの来場を促す挑戦状が記されていた

そこへ行けば真実を突き止められる・・・
そう確信したダンは、ルージュの記憶を取り戻し真実を知るため、コンサートへの乱入を決意

一方、エクリップスのマネージャーでもあるヤンは水面下で怪しげな計画を進行中
ダンの乱入も予め予測しており、むしろ歓迎している様子
どうやら裏で進める計画を前にして、ダンを呼び寄せることに大きな意味があるようだ

そしてコンサートが遂に始まる・・・

セラ、アランとともに会場へと乱入したダンはルージュにバスカッシュ勝負を申し込む
シトロン、ヴィオレットも待ってましたとばかりに試合へ突入

バスカッシュを通じて、記憶を取り戻してもらおうと
ダンは必死にルージュとぶつかり合う

少しずつダンを前にしてルージュの気持ちにも変化が生じ始める・・・
そして遂にその声は届いた
ダンとの試合を通して記憶を取り戻したルージュは、またいつものようにバスカッシュを楽しむ

そして試合終盤
ダンとルージュが放つ合体バスカッシュショットが、スカイブルームの地盤を揺らす
そのエネルギーは地表を通り、地底に設置された何かへと伝わる

爆発的なエネルギーの開放を見届けたヤンは
試合が終わったばかりのダンとエクリップスたちを取り囲むと
次の瞬間、ルージュの目の前でダンの乗るビックフットを銃弾で貫いた・・・

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック

あぶないあぶない
唯1/8フィギュ瞬殺だってよ(汗)

昨日の夜に偶然サイト巡りしてたら、受付開始になってるの確認して
すぐさま予約入れたからウチはセーフだったけど、どーなってんのこの勢い
けど、澪の方はいつになったら予約出来んのかなぁ・・・


つーか何してんねん、あんたらwwwwwwwwwwww
何でモザイクにして公開したか理由がよく分かったwwwwww

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第9話「愛する心」
ウリンを助け出すのに必要な巫女の力を取り戻すため
マリンは一度、地上にいる夏音の元へと戻る

夏音と再会したマリンは、思わず夏音に助けを求める
気まずい空気から一転
力を取り戻せるよう改めてお互い協力し合うことを誓い合った2人

まずは心を落ち着かせる方法として、鈴木からヨガを習うことに
いくら切羽詰まった状況だからとはいえ、こののんびり感はむしろシュールw

イライラをなくすためのポーズをやってるのに
むしろ出来なくてイライラしてる夏音w

そして再び鈴木の口から語られる、夏音の邪悪な幼少期

団子のレベルがケロロの小雪と一緒w
しかし、こん時から既に大島に「邪悪」言われてたのか

海辺でヨガを続ける夏音とマリンはそこで大島とばったり出会う
大島は夏音の前で、小島に告白すると宣言
そして本当に小島が好きなら、半端な気持ちでなく堂々と勝負しろと宣戦布告

大島の話を聞いて夏音だけでなく、マリンもまた
自分の気持ちが何もかも中途半端であることに気付く

巫女になるための解決法を導き出すところか、むしろ迷路にハマってしまった2人
気持ちを整理するため、夏音とマリンはしばらく別行動をとることに

一人になったマリンは小島と初めて会い、夏音との出会いを聞かされる
そこで見えてくるのは、マリンの知らない夏音

敢えて孤独の道に行く夏音に興味を持ち、近づき始めた小島との出会いを経て
少しずつ、仏頂面だった夏音にも笑顔がこぼれるように

それは夏音自身にとっても大きな出来事だったよう
気が付けばいつの間にか、小島の前だけでは少しずつ心を開けるようになった

しかし、好きになればなるほどそれ以上の親密な関係になることが
逆にやがて訪れる別れの時に大きなダメージとなってしまうことを恐れ
次第にすれ違いになってしまったという

人と向き合うこと、人を愛することの気持ちから逃げていた夏音は
自分から愛する人へ想いを伝えることの重要さに気付き
不器用ながらも必死に、自分の口で小島に想いの丈をぶつけようとする

だがその瞬間、海底から現れたセドナの僕が小島を捕える

それは自身からマリンという大切なものを奪った夏音に
同じく小島という大切なものを奪うため、ウリンが放った刺客であった
2人は揃って巫女に戻ると、小島を救うべく立ち向かう

テーマ:うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ - ジャンル:アニメ・コミック

A or B
「青い花」第10話より
百合の中心・杉本先輩の過去と今

どう見ても髪切り落とす前の方が可愛い件
ホント百合の世界はよぅ分からんなぁ

テーマ:青い花 - ジャンル:アニメ・コミック

エクリップスのライブ?
1stアルバム発売を目前に控えた折、角川アニメチャンネルでこんな動画が

踊ってるのは中の人じゃないのに、タイトルが「流出」だったりと妙に気になる動画
もしやライブに向けた練習用ビデオの撮影風景か?!

・・・と思ったら、どうやらEDのバックで流れてる
エクリップス3人のモーションキャプチャー用っぽい

ちょい期待した矢先にすぐ分かると萎え(´・ω・`)

※諸事情につき、レビューがしばらく滞りがちになるかと思いますが、予めご了承のほど

テーマ:バスカッシュ!-BASQUASH- - ジャンル:アニメ・コミック


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR