プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宙のまにまに 第6話「よろしく」
早くも夏休みが終わって新学期

たとえそうであろうが、天文部の無駄な賑やか感は全く変化なし
朔が目立たない方向に行こうとしても、美星のせいでむしろ逆効果

朔たちのクラスには新しい担任・草間望が赴任してくる

始業式の挨拶で彼の姿を見た美星は思わず声を上げる
「草兄ぃ」と呼ぶ間柄からして、どうやら知り合い

それは朔ですら知らなかった事実
だがしかし、朔の名前を聞いた草間はどうやら朔に心当たりがある様子

そして放課後、部室へ向かった朔たちを草間が待っていた
彼は朔たちのクラス担任であると同時に、天文部顧問になったという

草間にとって、美星の父は恩師であり自らが在籍した天文部の顧問であった
その恩義を受けてここへやって来たのはか定かでないが

顧問になった彼は早速手腕を振るい、近く迫る蒼栄高校文化祭に向けて、
天文部から自作プラネタリウムの出展を企画する

そのねらいは最終的に、校内出し物コンテストに入賞して
部費アップをはかり、望遠鏡を備えること

人当たりの良さそうな雰囲気のする人だが
美星と仲良さげな雰囲気を目の当たりにして、どうにも気持ちが複雑な朔

二人の関係に揺れる気持ちの朔を狙い
チャンスを窺う姫ちゃん

実はサブキャラの割に結構いい線行ってる真由とエミリ

それから文化祭へ向けた準備が始まり、天文部もその準備に余念がない訳だが
そこへフーミンが朔へ直々に、文芸部の手伝いを誘いに来る

このシーンだけ切り取ると、どう転んでも告白にしか見えないwww
そして徐々に朔の前でだけ態度が変わってきているフーミン

断る理由もなく、と言うよりむしろ
草間と美星が親しげにしている姿を見るのがどことなく気まずい朔は
他の部員たちに断わりもなく、文芸部の手伝いに参加することを決めてしまう
スポンサーサイト

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

宙のまにまに 第5話「言葉の星」
夏合宿初日の夜に行った観測会
がしかし、感動から一夜明けたところで

うら若き男女が雑魚寝しているのをフーミンに見つかり
お小言をいただく天文部一同と+α

そのお陰で機材没収・夜の活動禁止を命じられてしまうハメに
偉そうに言うフーミンだけど一応、路万部長は年上なんだぜ?

そこで汚名を晴らそうと、海のゴミ拾いなど奉仕活動に従事することで
フーミンに活動再開を許可してもらえるよう、アピールする作戦
けど全然振り向いてくれない・・・

海と言えば水着ですね、分かります的なお約束展開

負けるな!姫ちゃん!!
頑張れ!姫ちゃん!!


空気読めない2人のせいで水着姿見れなかった(´・ω・`)←

文芸部員との交流を通じて
朔は朝、フーミンが天文部の宿舎にやって来た理由を知る
どうやら文芸部の宿舎にある入浴施設の許可を知らせに来てくれたらしい
喜び礼を言う朔に、フーミンは天文部の活動に対してあくまで釘を刺す


朔はそれでも、いつかフーミンにも星を見せてあげたい
そうすることで、星を見ることの素晴らしさを知ってもらいたいと感じている

そう思っていた矢先
ビーチで文芸部員と姫が暴漢に絡まれるハプニング発生
それを見た朔は、自ら率先して危機を救おうと体を張った行動に!

と言っても、別に朔が暴漢を殴って助け出したとかそこまでな展開じゃなく
ただ自らズッコけただけで、最終的に追い払ったのは美星と姫というw

顔面ぶっただけで、この手当はねーわwwwww
藤子プロレベルwwwwwwww

がしかし、昼間の朔が見せた行動にフーミンも少なからず感謝している様子

朔が是非とも見せたいという星
「言葉の星」とは何なのか
フーミンは、天文部が主張する活動を自分の前でちゃんと見せてほしいと言う

そんなこんなで、フーミンのお許しをもらい
特別に文芸部と合同での観測会を開催=活動披露できることに
絶好の機会を得た天文部は、観測会へ向けて準備に大忙し

果たしてどんなプレゼンをしてくれるのか
文芸部、と言うよりフーミンはまるで未知の世界へ飛びこむような心境

そして迎えた夜は見事なまでの満天の星空

フーミンを前に緊張の面持ちで夜の星々を一つずつ紹介していく部員たち
予想以上に良い反響を得られた様子

星の一つ一つを物語に変えて・・・

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

宙のまにまに 第3話「プラネタリウム」
入学して美星と再会して以来、夏が近づく中も相変わらず
朔の周りには美星がべっとりまとわりつく日々

クラスメートにどんどん要らぬ誤解を受ける始末で
冗談なのに、一人だけ真に受けちゃってる人wwwwwww
ピュアガールです

気が重く限界を感じた朔は
部活をエスケープして、大好きな本のある図書館へ
やっと落ち着ける場所と思ったら、そこには何と生徒会長フーミンが

同じ読書好きとして意外と話が合う朔とフーミン
そんな朔にフーミンはそれだけ好きなら、いっそ文芸部へ来ればいいのにと呟く

会長なりのエールを貰った朔にとって
同じ趣味を持つ会長は、初めての打ち解けられるような存在になりつつあるのかもしれない

閑話休題

美人姉妹
ストレートな姉とくせ毛の妹

さて、改めて天文部の活動を行おうにも
部活そのものが天候に左右されてしまうという性格なだけに

しかも憂鬱な梅雨の時期に差し掛かり、毎日が雨続きでまともな天体観測も出来ず
美星は死にかけになるわ、フーミンからハッパかけられるわで

遊んで誤魔化しても取り繕ってもらえる訳がないw
致し方なしと朔の提案でプラネタリウムでの室内観察を行うことに

解説員の晴子姉さん


・・・の施す、そんな小さな優しさ
たとえ雨が降っていようと、室内でもこれだけ綺麗な星を眺めることが出来る

部員たちは小さな箱の中に広がる小さな宇宙に感動を覚え、英気を養うのだった
そして季節は天体観測に最適な夏へ

早いもので次回は遂に合宿回
フーミン率いる文芸部と現地でばったり・・・?!

各部員と星座から連想するイメージ

姫ちゃん(´・ω・`)

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

宙のまにまに 第2話「ファーストスター」
ようやく姫っちキタワァ.*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!

前もって言っておきますと、この漫画(アニメ)の真のヒロインは
美星でなくこちらの姫ちゃんね←
一日も早くくっついてくれることを願うばかりヽ(´ー`)ノ

叫ぶ演技は中の人にぴったりすぎて、キャストに選んだ理由もよく分かるw
しかし、ドリフ言う悪友がブッキーとかwwwww
レビューは後日
都合により、2話目はこの記事をレビューに代えさせてもらいます

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック

宙のまにまに 第1話「天文部へようこそ!」

高校1年生の春─
小学1年から2年間過ごした町に戻って来た大八木朔。
そこで再会したのは、朔の幼少時代にトラウマの思い出を残した天敵・明野美星!

平穏な学園生活をのぞむ朔の想いとはうらはらに、
強引な美星のペースにまきこまれ、
朔は美星の所属する廃部寸前の天文部に入部することに・・・。

じゅうぶんな設備も予算もないうえ、
生徒会長フーミンにも目をつけられている弱小天文部。
しかし、美星の親友・小夜や、ひそかに朔へ想いを寄せる姫、
虚弱体質ながら星への情熱は人一倍の路万部長、写真部ながらも天文部に
いりびたる江戸川といった個性的な面々とともに、
朔は、だんだんと星空を愛するようになっていった・・・


高校進学とともに、昔住んでいた町へ戻って来た本作の主人公・大八木朔
すっかり様変わりしてしまった町並みを横目に
平穏な学園生活が始まろうとしていた矢先にそれは起こった

学校へ着くなり、真昼間に空から沢山の星が降り注ぐ
空を見上げると、そこには屋上でメガホンを手に天文部への入部を呼び掛ける一人の少女

その姿を同じ部の部員が心配そうに「美星」の名前を呼び掛ける
それを聞いた朔は、どこかで見たような彼女の姿が

幼少時代の自分にトラウマの思い出を残したあの幼馴染
明野美星であると確信する

思わず愛称の「みーちゃん」と口走ったが最後
美星に気付かれた朔は、再会を喜ぶや美星に学校中を追いかけ回される!

彼女の顔を見る度に、幼い頃のトラウマを思い出して仕方ない朔は
必死で逃げ惑い他人のフリを貫き通そうとする

天文部部員の矢来小夜と、いつも死にかけてる部長の路万健康の制止も聞かず
一日中、追いかけてくる美星のせいであらぬ噂に尾ヒレまで付いて

朔はあくまで彼女と関わらないようにするが
美星は朔と一緒に過ごした子供の頃の思い出を忘れられるはずがなかった

朔の気持ちとは裏腹に、幼い頃に別れの言葉も言えないまま離れてしまった美星は
もう一度、朔に会える日をずっと待っていたという
そんな強引な美星のペースに押されるがまま、折れた朔は天文部へ入部することに


だがしかし、朔が入部したところで安心できず
天文部は5人いなければ廃部になってしまうという

その為、新入部員勧誘活動を展開するが
そんな天文部を敵視しているのが、生徒会長・フーミンこと琴塚文江
高額な部費を請求してくる天文部をどうにか廃部にさせたいらしい

結局その日はそれ以上、新入部員を獲得することも出来ずに終わる
けれど、朔が天文部に入部してくれたことは美星にとって大きな出来事だった

見上げた夜の星空の素晴らしさを、一人でも多くの人に見てもらいたい
そう願う美星の気持ちは果たして叶うのか


初回はホントに触りで終わっちゃった
原作もだけど、アニメでも美星のウザ度は変わんないなーw
あみっけフーミンは、思ったより声がドス利いた低さだったのは想像してたのと違って予想外
そして次回は遂に待ちに待ったあの人・蒔田姫が登場するぜ、ヒャッホゥ!(゚∀゚)

テーマ:宙のまにまに - ジャンル:アニメ・コミック


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR