プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスラクライン 第13話(最終話)「呪われた罪人の烙印」
加賀篝の要求するイグナイターをめぐって取引が持ち掛けられ
智春たちは倉澤や橘高らを招集し、対策を講じるが
イグナイターの取引をめぐって倉澤と橘高らが対立する

両者の意見に挟まれた智春の元に、再び加賀篝からの電話があり
智春はその指示に従い、イグナイターを手にこっそり
操緒・嵩月とともに加賀篝の元へと向かうことに

さっそくイグナイターを渡す智春だが、一方の加賀篝は簡単に取引に応じる様子は無く
イグナイターを用いてこの世界を終わらせるといい
絶好の機会とばかりに智春たちを抹殺しようとする

そこへイグナイターに取り付けた発信機を辿って、橘高らが救出に駆けつける
さらに飛行機に搭乗していたはずの朱理までもが応援に現れ
多勢に無勢とばかりに、加賀篝はイグナイターを諦めあっさりと去っていく

制御を失った飛行機と乗客を救うため、智春たちは自ら墜落を防ぐ手立てを講じるため
黒鐵の力で機体の揚力を取り戻させ、礼士郎は着陸に必要な滑走路を作り出すことに
智春は指示に従い、黒鐵を呼び出し力を解放していく

礼士郎は神妙な面持ちで哀音とともに滑走路を作るために外へ向かうが
それが哀音との最後の別れをも意味していたことは
その場にいた智春以外の誰もが感じ取っていた

そして飛行機は無事に着陸したものの、明らかに何かが変化していた
何も知らずに無事を喜ぶ智春が礼士郎の元に駆けつける

そこで礼士郎は演奏者の願いを叶えるため、自らの命を削って
機巧魔神を召喚する存在こそが副葬少女であるということ
そして哀音が力を使い果たし、消滅したことを告げる

智春はそのとき初めて、副葬少女の存在意義と
そしてなぜ嵩月があれほど智春に戦わないよう呼びかけたかの意味を身を以って知らされる

機体を支えるために力を使い続けた操緒もまた
哀音と同じく智春の前から姿を消した後だったからだ
力を使うことへの代償がこれほどまでに大きなものだったことを智春は痛感した


非常に最悪な結果を迎えて終わってしまった訳だが・・・
どうやら噂通り2期がある模様

スポンサーサイト

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

アスラクライン 第12話「世界が枯れるまで」
2年生がハワイへ修学旅行に行ってる間に、事件は起こる
ある日、玲士郎が招待した哀音邸でのパーティーで得た優勝賞品の中に
機巧魔神のプラグインが埋め込まれていることに気付いた智春たち

元の場所が場所だけに、どう見ても想起させる形がドス黒い“あれ”

同じ頃、アスラクラインの加賀篝が哀音邸を訪れ、
智春がプラグインを手に入れたことを嗅ぎつけていた
それはどうやら「点火装置(イグナイター)」と呼ばれるものらしい

智春はこの一件を朱理に相談するが
加賀篝がプラグインを求めて襲いかかる危険性を考慮し、
それを第三生徒会長の橘高へ預けるようにいう

智春はその話を嵩月に伝えると、神妙な面持ちになった嵩月は智春の手を取り
二度と戦わないこと、機巧魔神を使わないことを誓ってほしいという
訳も分からずその場は頷いた智春だったが、
あのプラグインをめぐって何か嵩月には言い出せない理由があるらしい

解析もそもそこにプラグインを橘高会長へ渡そうとした矢先
予想通り、加賀篝がそれを奪いに襲いかかって来た

倉澤第二生徒会長や橘高第三生徒会長らの援護を受けて、
大事なものを奪われることなく追い返すことには成功したものの

智春は戦いの最中に、我を忘れて仲間の危機を救うために
嵩月と立てた誓いを破って機巧魔神を呼び出してしまっていた
意地でも智春に戦ってほしくなかった嵩月は、涙を流してどこかへ行ってしまう


橘高に事情を説明し、イグナイターを預けるが
ニア曰く、イグナイターに適合する機巧魔神は一つも存在しないという
それを何故に加賀篝が求めるのかを明らかにする必要があるが・・・

そして智春は、嵩月がなぜ自分を止めようとしたのか分からず家で悶々としていた
そこへ玲士郎の副葬少女・哀音が姿を現す

朱理と一緒に修学旅行へ出かけているはずの玲士郎(哀音)が
智春の家に姿を現したことに不安を覚えた矢先

朱理たちが帰国する際に載っていた飛行機が消息を絶ったとの知らせが舞い込む
それを引き起こした張本人は加賀篝
彼の目的は人質と引き換えにイグナイターを渡すよう、智春に取引することだった

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

アスラクライン 第6話「闇の向こうに浮かぶ贄」
何だかんだで記憶を取り戻すことが出来た朱理
しかし一難去ってまた一難、すぐさま雪原瑶が朱理に取引を持ちかけて来る
条件は朱理が隠し持つ本物のスタビライザーとの交換

朱理と対立する雪原は洛高前生徒会長で、最強の機巧魔神「白銀」を操る力を持つ
彼に対抗するためにも、智春の「鐵」が重要になると言うが・・・

早速、智春たちの下に攻めかかって来る雪原

空間そのものを切断して自由に行き来できる力をもつ機巧魔神
圧倒的な力を見せつける「白銀」の姿は、まるで智春の「鐵」に瓜二つ

雪原の狙うスタビライザーとは、機巧魔神の機能拡張部品の一つだそうで
これが副葬少女を本体から解放するカギになるという
もしかすると操緒を生き返らせることも・・・?!

逃げに逃げようとも、空間を移動できる能力を持つ雪原に
接近戦はおろか対抗する術はまるでない

決死の思いで潮泉邸へと逃げ込んだ3人
熱を出して倒れこむ智春の看病を、嵩月と律都に任せ
朱理は単独で雪原との決戦へと挑むことに

だが、如何ともし難いその実力の差は容易に埋めることは出来ない

一方その頃、智春は・・・


座薬アッー!

初めての注入に戸惑う智春に嵩月が自信たっぷりの一言
「大丈夫です夏目くん!わたし、保健委員ですから!」
シリアスな戦いの裏で何やってんだよwwwwwwwwwwwwwwwww

万策尽きた洙理理の危機を前に、消えていたはずの操緒が姿を現す
そして智春も駆け付け、鐵を呼び込み白銀に対抗

意地でもスタビライザーを渡すまいと必死の抵抗を試みる智春を前に
雪原は遂にこれの破壊を決意

そうはさせまいと、寸でのところでこれを防いだ智春だったが
機巧魔神が触れた途端、これを体内に取り込んでしまったw
取り戻したはずの品が気付けば自分から失う形に

スタビライザーが消滅したのを見届けるや、雪原はあっさりと手を引いて帰って行った
だが、ただ失っただけではなくそれなりの成果?はあったようだ
と言うのも・・・


幽霊の操緒が実体化して、智春のクラスに編入することになったもんだから
さーて、どうなることやら

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

アスラクライン 第3話「科学の光が落とす影」
消えた操緒と捕らわれた嵩月を助け出すため、智春は操緒の指示に従い
兄から譲り受けたトランクを取りに自宅へ行くと、黒崎が待っていた

何もかも予知していたかのように智春を引きいれようとする彼女だが
今の智春にとって、彼女の存在は鬱陶しい以外の何物でもない
眼前の危機を乗り越え2人を救い出すために、智春は一人、玲仕郎の下へと向かう

そして明かされる、玲仕郎の射影体・哀音誕生の秘話
玲仕郎は一連の騒動を仕掛けた嵩月を裁判にかけ、処分を下すつもりのようだ

既に攫われた嵩月を探しにやって来た智春の前に現れたのは
その射影体である哀音

アクマである嵩月を助けるために操緒を傷つけることはどうなのか
何より玲仕郎に協力しさえすれば、万事問題はないという哀音
互いに望まない争いは極力避けたいという気持ちは同じだが、
智春にとって今は何よりも嵩月を助け出すことが最優先なのだ

嵩月が捕えられているという場所へ向かう智春

ちょうど今にも嵩月が処刑されようとしていた
智春はトランクを盾に振り翳して対抗するが、トランクの中身は空っぽ

以前のように機巧魔神は現れず、黒崎がすり替えた入部届けだけw
逆に追い詰められた2人は危機を迎える

そこへ颯爽と現れた黒崎と合流し、彼女の手を借りて脱出を試みる3人
身体から重火器出てくるとか、この人ってばロボコップじゃねーかよw

黒崎が現れたと見るや、玲仕郎も用捨なく機巧魔神・アスラマキーナを呼び出す
どうやらこいつのアスラマキーナは「ヒスイ」っていうみたいね

追い詰められた智春を助けるかのように、その時どこからか消えた操緒の声
すると、再び機巧魔神が姿を現わした

こっちの名前は「クロガネ」ですか

初めて繰り出すその圧倒的な力は、玲仕郎の機巧魔神ですら容易に打ち倒してしまう

その容赦なき攻撃で、核となる部分が露わとなり、そこに眠っていたのは何と哀音
これが所謂、嵩月が話していた機巧魔神を召喚するのに必要な生贄・副葬少女なのだろうか

暴走し続ける自身の機巧魔神を止めるべく、智春は操緒に呼びかける
その声に応じるかのように機巧魔神は消え去り、消えた操緒が入れ替わって姿を現した
思いがけず智春に助けられる形となった玲仕郎
嵩月と智春の存在を認め、一旦は手を引いてくれるようだ

事なきを得たものの、智春は操緒がまだ生きているという可能性を捨て切れず
助け出す方法を探し出すことを決める

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

アスラクライン 第2話「未来に滅びるということ」
機巧魔神を呼び出した夜から一夜明け、智春に黒崎は言う
「この世界は一度滅びている」と・・・

彼女が度々口にする「ダークソサエティ」なるものが何なのか
それが兄とも繋がりがあることまでは思い出せたものの、依然として謎は深まるばかり
と同時に嵩月の正体も気になって仕方ない

そんな折、智春は引っ越した家の大家である潮泉の家を訪ねる
そこで智春は大家から、いずれ近い内に大きな選択を迫られる日がやって来ると告げられる

その帰り、偶然にも嵩月とばったり遭遇した智春と操緒
智春を見るやいなや一目散で逃げようとする嵩月を追いかけ
ようやくそこで彼女の正体や、一連の騒動に関わる真相の一部を告げられる
コスプレとか誤魔化しても、やっぱり巫女の格好してたあれは本人だったとw

どういう訳か、彼女は潮泉の敷地にある一角で一人暮らしをしている様子
そんな嵩月は自分がアクマの一族であり
本人曰く擬態?を解かない限り、射影体と呼んでいる操緒の姿も見えないらしい

その射影体についてもアスラ・マキーナに封じられている生贄の一つだという
そうこう話しているうちに、嵩月の父親が帰って来る

血相を変えて智春に突っかかる父を、嵩月は堂々と追い払い
智春は組頭である八伎から、一対一で嵩月にまつわる話を聞かされる
曰く、嵩月はこの町を席巻する広域指定悪魔結社・嵩月組の一人娘だが
父の家業を嫌い家出をして、伎親戚である潮泉の家に一人で暮らしているという・・・

次の日の放課後
生徒会室に呼び出された智春を待っていたのは、先日襲撃を仕掛けてきた佐伯玲仕郎
彼は智春の通う学校の生徒会長でもあった

智春を生徒会メンバーとして迎え入れようとする佐伯は
アクマを滅ぼすことこそが智春にとっての使命であるといい、
そしてどうやら彼もまた同じ射影体持ちとして、操緒の姿が見えるようだ

智春と嵩月の接触を危険視する佐伯は
強制的に智春を手中に収めようと実力行使に打って出る
だが、その危機に駆け付けた嵩月が自ら盾となって智春を守ろうとする

嵩月の放つアクマの力に、玲仕郎も機巧魔神を呼び出す
必死で抵抗する嵩月だが、どう見ても力の差は歴然
この力に対抗するためには兄から預かったあのトランクが必要だが・・・

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック

アスラクライン 第1話「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」

高校入学を機に一人暮らしを始めることにした主人公・夏目智春は、一見普通の高校生。
人と違うところは、幼馴染の少女・水無神操緒が幽霊としてとり憑いていること。
引越した初日に見知らぬ美女が訪れ、智春は彼の兄から託されたという銀色のトランクを渡される。
その晩、謎の巫女装束の少女に襲撃を受け・・・。智春が手にしたこのトランクこそ、
彼が世界の隠された真実と向かい合うきっかけとなるのだった。


本作の主人公であるごく普通の少年・夏目智春には、一つだけ他の人と違うことがある

それは、水無神操緒という幼なじみの幽霊が取り憑ているということ
彼女はその昔、智春とともに飛行機事故に遭い、生き延びた智春を守るため取り憑いたもの

そんな彼が高校入学式の前日、一人暮らしで引っ越した鳴桜邸で荷解きをしていたところ
謎の美女・黒崎朱浬が突如として現れる
彼女は外国留学中である智春の兄から、渡すよう言伝された銀色のトランクを智春に託す

そしてどうやら彼女は、幽霊である操緒のことも見えているようだが・・・
何のことやら事情が全く飲み込めない智春たち

その晩、巫女装束を着た美しい少女・嵩月奏が智春の家を襲撃
「アスラ・マキーナ」「イクストラクター」という名の行方を必死に尋ねる
だがそこへ現れた操緒の姿を見るや、血相を変えて逃げて行った

操緒の姿を認識する人が一日で2人も現れるという事態が起こった翌日
高校の入学式を終えた智春は、そこで昨晩襲撃を受けた巫女装束の少女を目撃する

彼女を捕まえた智春は、襲撃の目的やアスラ・マキーナの意味を尋ねるが
その時とは全く印象が違い、襲撃のことも何も知らない様子だった
しかも気が付けば同じクラスというから何とも

そして、科学部部長代理であるという黒崎の下を訪れる智春
智春を待ちわびていたと言う彼女は、入部を条件に真実を打ち明けると約束するが・・・

彼女の狙いが掴めず、自分の立場をどうすべきか迷う智春
その晩、今度は智春の通う高校の生徒会長・佐伯玲士郎が
同じく智春の持つトランクを狙って襲撃を仕掛けて来た

二晩で二度も襲撃を仕掛けられ、全く事情が飲み込めず混乱する智春
さらにそこへ黒崎、そして悪魔の一族・嵩月組も現れ三竦み状態に

争いに巻き込まれるのを恐れる智春はトランクを渡してさっさと手を引こうとする
だが、それを黒崎は許さず智春にトランクを開けるよう命ずる
闘いを一刻も早く終わらせたい智春に、操緒もまた智春にトランクを開けるように言う

その言葉通り、智春はトランクに呼びかけこれを開ける
すると、そこから得体の知れない巨大な機神が姿を現わしたのだった

監督が「セキレイ」と同じ草川氏
ストーリーもあまり難しくない感じだし、初回にしては悪くない展開だったと思う
けど、angelaが出るともう屍が反射的に浮かんじゃうのは最早どうしようもないなぁ・・・

テーマ:アスラクライン - ジャンル:アニメ・コミック


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR