プロフィール

小清水病患者

Author:小清水病患者
小清水病にかかった声優ヲタ
twitterはこちら

最近の記事

カテゴリー

訪問者数

月別アーカイブ

視聴アニメ一覧

声優美女時計

応援バナー

冴えない彼女の育てかた

小清水病患者の憂鬱
小清水亜美ファンの声優ヲタが綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まりあ†ほりっく 第12話(最終話)「美少女だらけの水泳大会 ポロリもあるよ」
天の妃ではプール開きの時期を迎えました
かなこさんのイカれ妄想具合が半端ないほどにまでなってます

思い思いの水着を着ていいと言っても、貝殻に葉っぱはねーだろw
何気に新キャラの体育教師まで出てきちゃって、興奮度レベルがMAXを超えたかなこ

貧血でプールに落っこちて、皆で競ってかなこにマウストゥマウス!


という夢を見たのさ
プール開きに備えて食ってた生レバーに当たって寝込んでたそうです

その後も鼎神父の見舞いが原因で、蕁麻疹が酷くて倒れたり
鼎神父友の会による山の幸嫌がらせ攻撃で食あたりになったり

ゴッドの秘密を覗いたせいでギャーッ!
気が付くと夏休みまでたくさんあったプールの授業も結局一度も出られず

しかし最後の最後で、全校参加の水泳大会が催されることが決定
ようやく参加出来ると、前夜から興奮のかなこがスク水スク水と五月蠅いので
鞠也たちは強制プログラムをかけることに

さて、何はともあれ無事に出ることは出来たかなこさん
起きてみるとスク水でなく褌に反応してしまう人になってましたw
なので、普段よりも女子への反応度がからっきし薄いです

それもこれも鞠也のせいだと、かなこは水泳大会の混乱に乗じて
鞠也の水着ポロリで正体をばらしてしまおうと画策
無駄に息を荒げて、騎馬戦の勢いに任せてめくってみますと・・・

相手は鞠也でなく妹の静珠でしたw
眼前にポロリがあるので、流石に強制されたかなこさんも鼻血ブー

これじゃレイp(ry
そしてどう見ても殺人事件の現場w

保健室で目が覚めたかなこ
傍にいた静珠は、かなこがもっていたロザリオに気が付くと・・・


えぇええええええええええええええええ
何だ、このブツ切りw
2期フラグにもなりやしないw
スポンサーサイト

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第11話「神への供物」
出たよ、ママンじゃなくて鼎神父wwww
いちいち出る注釈が緊急速報みたいでやんだくせww

天の妃国語教師でもある彼は秘かに鞠也へ想いを寄せている
照れてる相手は男ですよー

妄想が過ぎる神父は、茉莉花の言葉もまた自分への想いによるものだと勘違い
一瞬で茉莉花も恋愛対象にしてしまうスゴさ

とんだ残念さんですね^^

そんな鼎神父が最近気になっていること
それは編入生のかなこ
自分の前になると妙に変な発言をしたり、時に鼻血をよく噴いてる噂を聞いて

かなこの身を案じた神父は、ルームメートである鞠也に相談を持ちかける
すると、鞠也が言うに
「チャイコフスキー症候群」「ロ短調」で亡くなったかなこの実兄に神父が似ているからだとか

そんなことならば喜んで、と早速かなこのクラスに直接出向いて抱きしめます
当然かなこさんは倒れますね

これ普通に考えたら停職処分だろうw

今度はかなこのいる女子寮に家庭訪問ならぬ寮訪問を仕掛ける
ですが、ゴッドがそう簡単には入れてくれません

かなこの部屋にはあの鞠也もいるので、どうしても入りた(ry
あれこれ供物を捧げてようやく、かなこと鞠也の部屋に上げてもらえることに

ビビるかなこさんと鼎神父のマンツーマン
それを鞠也と茉莉花は面白そうに眺めます

横にいる鞠也たちの様子がいちいち気になって仕方ない神父
話の腰を折るように、本題に行こうとしたトコで寮長から退出命令

あれよあれよと叩き出されて雨に打たれる神父を気遣う絢璃

ちょっとした優しさにまたも恋する勘違い神父

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第10話「微乳の過ち/伯林の恋文」
季節は夏を迎えまして、制服も夏服に

かなこ発狂
まぁ確かに夏は開放感たっぷりになるから、あれやこれやと見えちゃって仕方ない←

夏を迎えると同時に天の妃では中間考査の成績が公表される

さも当然のごとく全教科満点トップの鞠也
そしてその下には、はてどこかで聞いたような名前が・・・
更にその下にはあらあら?某声優さんの名前じゃあないですかーッ?!

成績優秀組とは対照的に、かなこさんは桐さんと一緒に追試組です

読書好きメガネっ子だからとて、必ずしも勉強が出来る訳ではないことを自ら切々と説く桐嬢
「まずは・・・その(低俗かつ当然のような)幻想をぶち壊す!」と言わんばかりw

追試合格が不安なかなこは、要点ノートを成績優秀のサチから借り出して勉強することに

実を言うとかなこは殆ど赤点な割に、何故か倫理だけ「98点」という好成績
しかも「微妙」を「美乳」と書き間違えただけの凡ミス・・・

道徳心の病んでいるこの人に限ってあり得ないはずですが、まぁ鉛筆戦術(ry
とりあえず勉強しないと追試が危ないので、馬鹿でも分かるサチノートを使いたいと思います


それすら理解できない馬鹿以下レベルwwwwwwwwwwwwwww

どうにもならないので自分の力で頑張るしかありません
そして追試当日の朝・・・


かなこが常識人にッ?!
茉莉花の催眠もとい睡眠学習でおかしくなった\(^o^)/
訳分からないキャラのまま、追試もブッチwまぁ当然のごとく先生には叱られた訳ですがw


寮長と与那国さん、あんたら歳幾つだよwwwwwwwwwwwww

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第9話「穢された聖母・後編」
聖母祭を翌日に控え、妄想に妄想を膨らませるかなこ

コスプレカーニバルとか言っちゃってますよ、この人
もはや実行に移そうが移すまいかは関係なく、脳内は変質者そのものだよね


・・・舐めます!!

そして迎えた当日
幼い頃からの因縁か、ピリピリした空気が鞠也と綾璃の間に流れる
その原因はどうやら「パンダちゃん事件」と呼ばれているらしいが・・・

鞠也と仲を違えた理由をすっかり忘れ去っていた綾璃だったが
聖母祭の花役で戯れる初等部の子どもたちを見て、忘れていた忌まわしい過去を思い出す

ちょっとしたアクシデントで、聖女役の綾璃の衣装を花役の鞠也がビリビリに破いてしまい
綾璃のパンダちゃん柄下着が公衆の面前で露わに・・・
衣装を破ったのも、本当は鞠也じゃなくてその妹なんだけどね

ワザとやった訳ではなく、決して鞠也に非があるということでもなし
幼い頃の笑い話だと済ませてもイイだろうという菜鶴は
同じ聖母祭のこの日を、仲直りの日にしてはどうかと提案

その時、またしてもハプニング発生
転んだ初等部の子どもを助けようと立ち上がった綾璃が足を踏み外し・・・

それを間一髪で救った鞠也も、ようやく元通り仲が修復しかけたと思ったら
言うに事欠いて「重い」とか本音吐くもんだから
それを聞いて暴れ出した生徒会長の衣装がまたしても・・・


ピンク\(^o^)/


不特定多数の前で生乳を晒したという、パンモロを超える新たな傷が生まれましたw

いつの間にか学校の七不思議の大半を作り出してしまっていた変態かなこさん

CV:小林ゆう
むしろこの不思議感覚は、アサ姉より画伯の方に相応しい

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第8話「穢された聖母・前編」
天の妃では聖母マリアの祝日である日を創立記念日とし
「聖母祭」なるものを催すことが通例となっている

クラス委員であるかなこも、聖母祭を手伝う実行委員となるからに
聖母祭のことを何一つ知らないかなこは、友人たちに祭の概要を聞いてみるも
具体的なイメージはさっぱり掴めず

大層な役割を担うことに不安を覚えたかなこは、接近するチャンスとばかりに
思い切って、生徒会長の綾璃と副会長の菜鶴真紀に尋ねてみることに
菜鶴が灯里だったε=\_○ノ

後日、直々に綾璃から話を聞く約束を取り付けることに成功したかなこは大はしゃぎ
困ったことは何でも相談に乗ってくれる心優しきお人
そんな綾璃と話をしたかなこに、鞠也が綾璃を毛嫌いする理由がさっぱり分からず
調子に乗って、鞠也が嫌いなのか尋ねてみるが・・・

上っ面では仲良さそうな雰囲気を醸し出しているものの、綾璃の内心は腸煮えくり返りまくり
どうやら過去に鞠也と何かあったらしい
綾璃本人は既に忘れてしまったようだが、鞠也は原因を覚えているよう(=張本人だから)
何か・・・ネネちゃんのママみたいだw

そして綾璃から話を聞く当日
酷く浮かれ気分のかなこはサチに結婚を申し込んだり、生徒会長との個人レッスンを御所望

一線を超えかねないので、どこからか都合良くバスケットボールが飛んで鉄槌を下します
通りがかった綾璃たちに助けられ、保健室に運ばれたかなこ

かなこの百合を華麗にスルー・・・だと?!


聖母祭について聞くはずが本心は副会長と話すのが目的w


宗教法人法の官報公布日は昭和26年(1951)4月3日です


公式が病気wwwwwwwwwwwww

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第7話「疑惑の黒下着」
黒下着事件は通りすがりの名探偵のお陰で、あっさり解決

やっぱり与那国さんが盗んでたねw
しかし、こんな簡単に終わるならサブタイにすんなよって思うんだけどw

かなこと隆顕の関係をめぐって、思いがけず桐と仲良くなったサチ
その様子を微笑ましく眺めるかなこに対し、弓弦は不満を漏らす

「面白くない」と呟く弓弦は、部活動も思うようにいかず
同じ部活でその様子を見た鞠也は、同じクラスメートのかなこに事情を聞いてみる

弓弦はサチと仲が良いと聞くや、鞠也は弓弦が悩んでいる大方の理由を察したようだ

そんなある日の放課後
サチは弓弦を避けるように、桐と何やらコソコソしながらそそくさと帰ってしまう

弓弦は、かなこと仲の良い鞠也に相談を持ちかけ
鞠也と違い、心が狭く単純なことで揺らいでしまう自分を責める

そんな弓弦を励ます鞠也の言葉に一念発起しかけた折、なぜか帰宅したはずのサチ
そして桐も一緒に弓弦の前へ現れた
二人を前にして、またしても心が揺らぐ弓弦

平静を保てなくなった弓弦は、ついに弦を投げ出してどこかへ立ち去ってしまう
それからバツが悪くなった弓弦は体調を崩して学校を休んでいた
二人に合わせる顔がないと悩み、眠りに就いた弓弦が目を覚ますと
そこにはサチや桐、かなこらの姿が

今日という特別な日、つまり弓弦の誕生日にむけて前々からこっそりと
誕生日プレゼントを内緒で選ぶため、サチは桐と一緒に相談し合っていたという

自分の誕生日が来ていることすらすっかり忘れていた当の本人は
友人の為に一生懸命悩みぬいてプレゼントを選んでくれたという桐の気持ちに
今までの二人の行動がそれだったと知るや、嫉妬していた自分が気恥ずかしくなった


そんな素敵シーンで一人置いてきぼりのかなこw
弓弦の誕生日すら知らず、プレゼントも準備できてないのでどう見ても仲間外れw
鞠也が呟いたセリフを今になって自分のことだと思い知らされる訳ですw

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第6話「倒錯の保健室」
今日も朝から何やらニヤニヤと妄想たくましいかなこさん
そう、新学期恒例の身体測定である

かなこは同級生が測定で下着姿になると思うとそれだけでもう・・・
そんな浮かれ気分の方とは対照的に、元が男の鞠也が頭を悩ませ
やはり正体がバレるのを恐れたか、身体測定を前に行方をくらます

それはそうと、いざ保健室に行ってみると
豊満な胸とそのお御足を持つ先生に早速興奮して

挙げ句、同級生の下着姿を前に我慢の限界でビューw
気合入れすぎて鼻血の噴出量が尋常じゃなくなってます

身体測定のヘルプに来たはずが、ヘルプを受けるただのお荷物と化している人
結局、保健室のベッドで横になったまま休むことに

そのお陰でサチや弓弦、穂佳らの下着姿という
カーテンの向こうに広がるバラ色の世界を生で堪能できず

そんなかなこの寝起き第一声

「し、身体測定はっ?!」

必死すぎワロタwwwwwwwwwwwwwww

ちょうど、かなこが目を覚ました時は一年生の身体測定
カーテンの向こうでは何と鞠也の名前が呼ばれている
本物の胸を持つでもない男の鞠也が何故ここに?!

そう思ってカーテンを開けると、そこには何故かたわわなお胸を持った恥じらいの鞠也が・・・

目を覚ましたかなこは、改めて目を疑うような光景に驚く

鞠也のかなこに対する接し方はおろか、言動まで明らかにいつもと違って女らしい
鞠也を男だと知って接するかなこの言葉を聞いて、鞠也?は「僕の勝利だ」とほくそ笑む

そこへ何ともう一人の鞠也が登場
全く訳が分からないかなこに、もう一人の鞠也が正体を明かす
かなこの前で身体測定をしていたのは双子の妹・静珠
彼女は普段、男装をして男子校に通っているのだという

それもこれも全て前理事長が二人へ課した試練であり
3年間、正体を一切他人に知られることなく卒業できれば理事長の座を得られるというもの
その為に互いが変装してそれぞれの学校に通っているという

だが、妹の静珠は既にかなこに正体を知られている時点で鞠也の敗北は決まっているという
しかし鞠也は自分の正体を知られたのは、あくまでかなこがココへ編入する前日であり
ルールにある学校在籍者として知られた訳ではない
むしろ今こうして本来、女である正体を知られた静こそが負けだと鞠也は反論
結局、静珠は負けを認めたくないあまりすごすごと逃げ帰っていった

そして同じ日に起こった穂佳の下着盗難事件
密室で誰も盗めるような状況ではなかったので

同じ時間に保健室のベッドに寝てて真っ先に疑われるかなこ
そういう性癖があるから疑われても仕方ないねw

えーっと、これ確か盗んだのって与那国さんでいいんだっけかな

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第5話「禁断の匂い/乙女の秘蜜」
桐の爆弾発言連発で、隆顕様からも誤解を受けてしまったかなこ

学級委員に選出されて困り果てるかなこを、またしても桐は言葉そのままにフォロー
困っているの言葉一つで動く、まさにロボット

普通の友達になれるチャンスだと意気込み、委員会に出てみるとそこには
縦ロール生徒会長の綾璃をはじめ、隆顕さまに鞠也までも

かなこさんはどこでも祭り状態のようですw

それでも未だに恋人と勘違いされてるのはどーにかならんものかというコトで
熊たん先生やサチ・弓弦、果ては鞠也にも相談し
いざ、かなこは桐と友達になろう作戦を決行する!

お菓子で誘ったり、教科書を一緒に見ようとしてみたり、お昼に誘ったり
日直の仕事を手伝おうとしてみたり、果ては結婚を申し込んだりとエトセトラエトセトラ

かなこ自身の空回りもあってどの作戦も全く成功せず
最終手段としてサチが提案したのは
サチが桐を変装で脅している隙に、そこをかなこが救うというもの

するとどうだろうか
夢膨らませながらワクワク待つかなこを置いて、何故か勘違いされてサチが桐と友達にw


話変わってある日
天の妃第二女子寮では、寮長の抜き打ちテストで風紀を乱す物品の数々が差し押さえに

その中にはかなこのバッグに入っている謎の生き物も
追試で上手く隠し通すことが出来れば合格
出来なければ反省文+小学校の卒業文集を提出とあって、かなこは隠し場所に困る

どうしても卒業文集だけは公開されたくないかなこは
可能であれば中身ごと捨てたいと、あれこれ策をめぐらし森の奥へと捨てて来る

しかし、部屋に戻ってみるとなぜか・・・!

おい、最後の海産物はどうしたwwwwwwwwwwwwwww

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第4話「悦楽の代償」
かなこを見えぬ嫌がらせから守ると誓った隆賢さま
そしてクラスメートの桐もまた、かなこを守るために自分と付き合うと豪語

夢の中でもホクホク顔w
目覚めたら目の前にはメイド服姿の鞠也で、今日も朝から鼻血出杉

朝から不機嫌な鞠也に言われるがまま、部屋の外を覗いてみるとそこには
道着姿の隆賢さまが正座して入り口をガード中

守るどころかどう見ても単なるストーカーです、本当に(ry
鞠也の秘密がバレる可能性もあるので、何とかしろと言いつけられたかなこ

既に穂佳とのいじめ問題も解決済み
タダで隆賢さまのボディガードを得られた形のかなこは、妄想全開で桐に再アタック

するとどうだろうか
穂佳の前で恋人と発言したのは、あくまでかなこをいじめから救うためだけの建前に過ぎず
そもそも同性が付き合うこと自体おかしいと冷たく突き放される

桐の考えは、ただ熊谷先生にかなこが困っていたら助けてほしいと頼まれたから
その言葉に納得のいかないかなこだったが、事態は収まるものかと思えば・・・

授業に限らず至る所でかなこに付きまとう形の隆賢さまに
周囲の冷ややかな目が加奈子に突き刺さって、ある意味逆効果
しかも、関係を改善できたと思った穂佳との仲も再び悪化していくだけという
それでもハッキリ迷惑と言えないかなこは悩むばかり

さらに隆賢さまのボディガードっぷりはエスカレートして
遂にかなこと鞠也の部屋で一緒に眠ることに

その夜、かなこは隆賢さまに纏わる過去の話を聞かされ
身を粉にしてまで自分を守ってくれる理由の一端を知ることになる

かなこと見えぬ嫌がらせの相手との仲を、違うことなく元通りにしたいという気持ち
蚊帳の外に置かれたくないという真剣な隆賢さまの気持ちを受け止めようとするが

周囲の視線に耐えられず、悩むかなこを見た桐は再び立ち上がり隆賢さまに物言い
すると一転して隆賢さまは何やら恥ずかしそうにして、かなこの下から離れていった!

何を話したのか聞いてみると、またも自分とかなこが付き合っている以上
隆賢さまが近くにいると、キスすらも出来ないのだと
勘違いされてしまう恐れがあると気遣うかなこに、桐は他人の目など気にはならなく
ただ困っていたら助けてほしいという誓いに則ったまでで
何らそこに彼女自身の気持ちは入り込んでいないようだ

そして、隆賢さまにチヤホヤされるかなこを見て我慢の限界に達した穂佳は
ついに最後の海産物を投入するッ!


そんな穂佳がどうにも可愛すぎる件

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック

まりあ†ほりっく 第3話「被虐の若芽」

石馬隆顕親衛隊からの嫌がらせを受けるようになったかなこ
ある日、先代の理事長から鞠也が受け継いだ見るからに高価なロザリオを借り受ける

そのまま教室へ行ってみると、今度はかなこの机に煮凝りが挟まってたり
増えるワカメに煮凝りと続くいやがらせに一体何の意味があるというのか


学校のことはおろか、何も知らないかなこを遠回しにバカにしてる背景w

そんな嫌がらせにもめげずに、と言うより全く気にかける様子がないかなこを
遠巻きに観察し、次の手を打とうと密談するグループ

どうやらこれらが真犯人のようです
今度は体育でかなこが留守にしている隙に、カバンの中に鰹節を入れようとするが・・・


うんw

するとそこへかなこがやって来た!
見られたからにはと、親衛隊の一人・筒井穂佳は嫌がらせする理由を打ち明けるが
やはり新入りのかなこが隆顕さまと馴れ馴れしくくっついてるのが気に食わなかったみたい
しかも新しいルームメイトが、これまた学校で人気の鞠也だというから余計に拍車がかかる
遂には鞠也から借りたロザリオを外へ投げ捨ててしまった?!

その様子を陰でこっそり窺っていた桐は・・・
外をいくら探しても見つからず、雨の中当てもなくロザリオを探すかなこに歩み寄る桐

彼女はかなこを親衛隊の前に連れて行くと、すると何を思ったのか
突然、自分がかなこと付き合うと言い出したじゃあーりませんか?!

ひとまず一件落着したと思われ安堵するかなこだったが
隆顕さまは、またしても嫌がらせを受けたと思われるかなこの様子を見て
こうしたことが二度と起きないよう自分がかなこを守ると言い出した

今週も作者が至る所にwww
つーか、ED後のオマケいい加減にしるwwwwww
「中大兄皇子フラグ成立」「蘇我入鹿をフルボッコ」とか普通に言っとるしwwwwwww
あと今更ながらどうでもイイことに、公式の本編予告が全く参考にならない件

テーマ:まりあ†ほりっく - ジャンル:アニメ・コミック


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QR